12曲、48分

iTunesスタッフメモ

フォーキー&ブルージーなアコースティックサウンドと、朴訥とした親しみやすさを感じさせるリリックとヴォーカルで高い人気を誇る山崎まさよし。元バービーボーイズの杏子やスガ シカオらと結成した福耳や、奥田民生、Charとの三人の侍などのユニットとしても活躍する彼が、1997年にリリースしたセカンドアルバム。後にS.M.A.P.がカバーして大ヒットした"セロリ"や、映画『月とキャベツ』のテーマ曲として使用されロングヒットを記録した切なく美しいラブソング"One more time, One more chance"といった初期キャリアを代表する作品をはじめ、アッパーなサウンドが印象的な"アドレナリン"、後に元ちとせがカバーした"名前のない鳥"、ライブで定番になっている"Fat Mama"などを収録。単なるポップでは終らない彼の音楽のコクの深さは、ブルースというスパイスを必要に応じて加える職人技にある。だが、このアルバムではかなり控えめな分、ポップミュージックのスタンダードとも呼べる曲が出来上がり、ブレイクのきっかけとなった一枚である。あらゆるタイプのリスナーにオススメできる名盤。

iTunesスタッフメモ

フォーキー&ブルージーなアコースティックサウンドと、朴訥とした親しみやすさを感じさせるリリックとヴォーカルで高い人気を誇る山崎まさよし。元バービーボーイズの杏子やスガ シカオらと結成した福耳や、奥田民生、Charとの三人の侍などのユニットとしても活躍する彼が、1997年にリリースしたセカンドアルバム。後にS.M.A.P.がカバーして大ヒットした"セロリ"や、映画『月とキャベツ』のテーマ曲として使用されロングヒットを記録した切なく美しいラブソング"One more time, One more chance"といった初期キャリアを代表する作品をはじめ、アッパーなサウンドが印象的な"アドレナリン"、後に元ちとせがカバーした"名前のない鳥"、ライブで定番になっている"Fat Mama"などを収録。単なるポップでは終らない彼の音楽のコクの深さは、ブルースというスパイスを必要に応じて加える職人技にある。だが、このアルバムではかなり控えめな分、ポップミュージックのスタンダードとも呼べる曲が出来上がり、ブレイクのきっかけとなった一枚である。あらゆるタイプのリスナーにオススメできる名盤。

タイトル 時間

山崎まさよし その他の作品

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています