10曲、43分

iTunesスタッフメモ

前作「BGM」のアンチポップ路線をさらに推し進めた感のある5作目は、コアなファンの多くがフェイバリットに挙げる代表作。強度を増したテクノのエッセンスが徹底したミニマリズムで磨かれ、際立っていく様子はもはや美しいと言うほかはない。大衆性とは無縁のようでいて、しかし、よく聴くとファンクやブギー、ブルースといったポップスの周辺音楽の断片も垣間見られるという不思議な構造を持つのもこのアルバムの特徴だろう。そして、サウンド面で特筆すべきは、手作りのマシンによるサンプリングの手法を世界に先がけて採り入れている事実で、その高揚感が独特の実験的な雰囲気を醸し出している。本作をもって和製テクノにおける一つの完成形と見ることも可能な名盤である。

iTunesスタッフメモ

前作「BGM」のアンチポップ路線をさらに推し進めた感のある5作目は、コアなファンの多くがフェイバリットに挙げる代表作。強度を増したテクノのエッセンスが徹底したミニマリズムで磨かれ、際立っていく様子はもはや美しいと言うほかはない。大衆性とは無縁のようでいて、しかし、よく聴くとファンクやブギー、ブルースといったポップスの周辺音楽の断片も垣間見られるという不思議な構造を持つのもこのアルバムの特徴だろう。そして、サウンド面で特筆すべきは、手作りのマシンによるサンプリングの手法を世界に先がけて採り入れている事実で、その高揚感が独特の実験的な雰囲気を醸し出している。本作をもって和製テクノにおける一つの完成形と見ることも可能な名盤である。

タイトル 時間

Yellow Magic Orchestra その他の作品

出身地
Tokyo, Japan
結成
7月, 1978

アルバム