1曲、4分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.9/5

17件の評価

17件の評価

NHK系竹内まりやの音源集?

iPod・Touchan(アイポッド・とうちゃん)

1.縁(えにし)の糸・・・08年9月末からのNHK朝の連続テレビ小説「だんだん」主題歌
 物語開始の地、出雲出身の竹内まりやがナレーションをしていました。
 07年「Demin」からのコンセプトの続きですね。竹内まりや王道の曲!?

2.最後のタンゴ・・・08年7月から9月までのNHKラジオ「ラジオ深夜便」の”深夜便のうた”。
 作詞:伊集院静、編曲:服部克久と異例の作品。レトロなドラマ風の楽曲ですね。

3.アップル・パップル・プリンセス・・・1981年、NHK「みんなのうた」未CD化音源のリマスター
 みんなのうたですよ!”アップル・パップル・ピップル・パップル・ピ・ポ・パ・ぺー”若い頃のまりやさんです。

 ジャケットは「最後のタンゴ」作詞の伊集院静のイラスト
  美術大学に進学するつもりでいた位なので、さりげなく綺麗ですね。
 「ギンギラギンにさりげなく」でなく・・・

歌詞の通り

ryoichik

これは聴いていれば本当にその通りだと感じます。
対象が家族でも恋愛でも友達関係でも歌は自由に想像ができます。
そういう想像ができる歌詞も大好きです。

できるなら大切にしたい、『縁の糸』です。

この人の詩のセンスを

夏が好き

若いミュージシャンはぜひ学んで欲しい。
言葉を紡ぐとはどういうことか。
詩もセンスが必要。コンサートも沢山やるわけでもないし、
ましてやTVなどもメディアにもほとんど出ないのに
未だに一線にいるのは、類いまれなるセンスがあるからだけど、
よく思いついたな、と、思わず「座布団3枚」と思うような詩は
竹内まりやならではです。

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも購入しています