11曲、59分

iTunesスタッフメモ

スワヒリ語で"花"と"殺す"を意味するという名前を持ち、その名の通り花と棘を併せ持つパワフルな歌声を聴かせる女性シンガーソングライター、UA 。藤原ヒロシのプロデュースで1995年にデビューした彼女は、もともとはソウル/R&Bマナーのシンガーというイメージが強かったが、1996年にリリースしたこのデビュー・アルバム「11」でその枠を打ち破ってブレイクを果たし、その圧倒的な存在感と評価を不動のものにした。MONDO GROSSOのShinichi Osawaプロデュースの"リズム"、元MUTE BEAT/RJWの朝本浩文プロデュースの"雲がちぎれる時"や"情熱"のアルバムバージョンといった代表曲はもちろん、変則的なブレイクビーツの"バラ色"、ほのぼのとしたグルーヴと優しい歌声が心地いい"水色"など、個性的なプロデューサーによるさまざまなタイプの曲が収録されていながら、アルバムとしての統一感が保たれているのは、この時点で既に風格すら感じさせる彼女の声が確固たる芯になっているからこそ。

iTunesスタッフメモ

スワヒリ語で"花"と"殺す"を意味するという名前を持ち、その名の通り花と棘を併せ持つパワフルな歌声を聴かせる女性シンガーソングライター、UA 。藤原ヒロシのプロデュースで1995年にデビューした彼女は、もともとはソウル/R&Bマナーのシンガーというイメージが強かったが、1996年にリリースしたこのデビュー・アルバム「11」でその枠を打ち破ってブレイクを果たし、その圧倒的な存在感と評価を不動のものにした。MONDO GROSSOのShinichi Osawaプロデュースの"リズム"、元MUTE BEAT/RJWの朝本浩文プロデュースの"雲がちぎれる時"や"情熱"のアルバムバージョンといった代表曲はもちろん、変則的なブレイクビーツの"バラ色"、ほのぼのとしたグルーヴと優しい歌声が心地いい"水色"など、個性的なプロデューサーによるさまざまなタイプの曲が収録されていながら、アルバムとしての統一感が保たれているのは、この時点で既に風格すら感じさせる彼女の声が確固たる芯になっているからこそ。

タイトル 時間

UA その他の作品

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています