10曲、49分

スタッフメモ

松任谷由実の全カタログの中でも、穏やかでゆったりとした佳曲が並ぶアルバムだが、ライブではもちろん、常にファンの間での高い人気を誇る"DESTINY"の存在で、アルバム全体が引き締まって感じられる一枚。その歌詞世界が常に話題を集めるユーミンだが、洗練された夢のような恋愛や世界観ではなく、昔の彼と運命的な出会いを果たした時に「今日にかぎって 安いサンダルをはいてた」という"DESTINY"のリアリズムこそが、同世代の女性の共感を引き寄せるのだろう。また、アルバムを通して私小説的な作品でありながら、"78"に登場する四大精霊のように、ユーミン作品の中で常に引用され続けている神秘的、精神世界的な語彙の使用が、アルバム全体から重くなりすぎない浮遊感とファンタジックな響きを導き出している。

スタッフメモ

松任谷由実の全カタログの中でも、穏やかでゆったりとした佳曲が並ぶアルバムだが、ライブではもちろん、常にファンの間での高い人気を誇る"DESTINY"の存在で、アルバム全体が引き締まって感じられる一枚。その歌詞世界が常に話題を集めるユーミンだが、洗練された夢のような恋愛や世界観ではなく、昔の彼と運命的な出会いを果たした時に「今日にかぎって 安いサンダルをはいてた」という"DESTINY"のリアリズムこそが、同世代の女性の共感を引き寄せるのだろう。また、アルバムを通して私小説的な作品でありながら、"78"に登場する四大精霊のように、ユーミン作品の中で常に引用され続けている神秘的、精神世界的な語彙の使用が、アルバム全体から重くなりすぎない浮遊感とファンタジックな響きを導き出している。

タイトル 時間

松任谷由実 その他の作品