14曲、50分

iTunesスタッフメモ

2016年初夏、尾崎世界観は本名をタイトルにした小説「祐介」を発表、続いて同年9月にリリースされたクリープハイプのアルバムが、この「世界観」となる。バンドの一員として生きることの喜びを再確認するような本作では、すぐれたソングライティングにも後押しされて、4人のサウンドが生き生きと奔放に鳴り響いている。"破花" や "鬼" といった恐るべき筆致でつづられた先行シングル曲で緊迫感を与える一方、"僕は君の答えになりたいな" などでは、やさしく滑らかなグルーヴを描きながら歌を支えている。また、ラッパーのチプルソと共演した "TRUE LOVE" や、プログラミングのトラックを用いた甘美な陶酔感のある "5%" など、自由度の高い創造性が発揮された楽曲も収録。

iTunesスタッフメモ

2016年初夏、尾崎世界観は本名をタイトルにした小説「祐介」を発表、続いて同年9月にリリースされたクリープハイプのアルバムが、この「世界観」となる。バンドの一員として生きることの喜びを再確認するような本作では、すぐれたソングライティングにも後押しされて、4人のサウンドが生き生きと奔放に鳴り響いている。"破花" や "鬼" といった恐るべき筆致でつづられた先行シングル曲で緊迫感を与える一方、"僕は君の答えになりたいな" などでは、やさしく滑らかなグルーヴを描きながら歌を支えている。また、ラッパーのチプルソと共演した "TRUE LOVE" や、プログラミングのトラックを用いた甘美な陶酔感のある "5%" など、自由度の高い創造性が発揮された楽曲も収録。

タイトル 時間

クリープハイプ その他の作品

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています