22曲、1時間15分

iTunesスタッフメモ

「弦楽四重奏曲 Op.11(String Quartet op.11)」 の第二章として誕生した “アダージョ(Adagio)” を壮大な弦楽アンサンブルとしてアレンジし、ニューヨーク・フィルハーモニック管弦楽団との世界ツアーにて世界中に披露したサミュエル・バーバー。後にレナード・バーンスタインも同楽団を率いて、独自の解釈を披露している。胸を締め付けるような “アダージョ(Adagio)” と共にこのアルバムに収録されているのは、アーロン・コープランドの牧歌調の作品 “アパラチアの春(Appalachian Spring)” と優雅なバレエ曲 “ロデオ(Rodeo)”。アメリカ現代音楽を代表する二人の作曲家の音楽を、アメリカ屈指の指揮者が解釈したこのレコーディング作品は、アメリカ出身の音楽家によるクラシック音楽への貢献を証明している。

iTunesスタッフメモ

「弦楽四重奏曲 Op.11(String Quartet op.11)」 の第二章として誕生した “アダージョ(Adagio)” を壮大な弦楽アンサンブルとしてアレンジし、ニューヨーク・フィルハーモニック管弦楽団との世界ツアーにて世界中に披露したサミュエル・バーバー。後にレナード・バーンスタインも同楽団を率いて、独自の解釈を披露している。胸を締め付けるような “アダージョ(Adagio)” と共にこのアルバムに収録されているのは、アーロン・コープランドの牧歌調の作品 “アパラチアの春(Appalachian Spring)” と優雅なバレエ曲 “ロデオ(Rodeo)”。アメリカ現代音楽を代表する二人の作曲家の音楽を、アメリカ屈指の指揮者が解釈したこのレコーディング作品は、アメリカ出身の音楽家によるクラシック音楽への貢献を証明している。

タイトル 時間

アルバム

リスナーはこちらも再生しています