14曲、49分

スタッフメモ

ヒップホップを軸にベースミュージックやインダストリアルを独自の感性で昇華したトラックを展開し、5lackのアルバム「KESHIKI」に提供したビートも話題となった新世代プロデューサーによる初のフルアルバム。ビートメイクのみならず、自身によるヴォーカル、ラップを披露した本作は、YENTOWNなどを手掛けるプロデューサー、Chaki Zuluのサウンドディレクションのもと、ポップチューンからエクスペリメンタルまで、研ぎ澄まされたセンスで自在にジャンルを横断する。UCARY & THE VALENTINEとの共作曲"ame"から5lackをフィーチャーした"サワゴゼ"、Yüksen Buyers HouseのTaiki Aiyoshiによるメロウなギターを織り込んだ"Electro Fujiko"まで、その表現領域を押し広げるかのような多面的な楽曲が並んでいる。

スタッフメモ

ヒップホップを軸にベースミュージックやインダストリアルを独自の感性で昇華したトラックを展開し、5lackのアルバム「KESHIKI」に提供したビートも話題となった新世代プロデューサーによる初のフルアルバム。ビートメイクのみならず、自身によるヴォーカル、ラップを披露した本作は、YENTOWNなどを手掛けるプロデューサー、Chaki Zuluのサウンドディレクションのもと、ポップチューンからエクスペリメンタルまで、研ぎ澄まされたセンスで自在にジャンルを横断する。UCARY & THE VALENTINEとの共作曲"ame"から5lackをフィーチャーした"サワゴゼ"、Yüksen Buyers HouseのTaiki Aiyoshiによるメロウなギターを織り込んだ"Electro Fujiko"まで、その表現領域を押し広げるかのような多面的な楽曲が並んでいる。

タイトル 時間