iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 ジム・オルーク「All Kinds of People ~ Love Burt Bacharach ~」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

All Kinds of People ~ Love Burt Bacharach ~

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

iTunes レビュー

これは東京に住みながらも、もともとはアメリカでたくましい活動を続けてきたジム・オルークだからこそ実現したバート・バカラックのトリビュート作に他ならない。基本的には日本サイドでの制作なのだが、ソニック・ユースのサーストン・ムーアやバカラック門下生のドナ・テイラーが唄い、ウィルコのグレン・コッチェがドラマーとして参加するなど、ジムの人脈の太さを見せている。カヒミ・カリィややくしまるえつこ(相対性理論)、小坂忠に細野晴臣など声の個性の強いヴォーカリストが多く選ばれているのは、その目指すところのひとつとして、いわゆる「バカラック・サウンド」とは一線を画すことにあったものと思われる。というのもここでのアレンジは、管弦楽器をフィーチャーしながら原曲の華麗なメロディラインを追随することではなく、もっと限定した視点でもってバカラック音楽のユニークな構造に焦点を置くことを重視しているからだ。とくにポイントとなっているのがピアノで、その妙をたどることによって、かの天才作曲家のセオリーとは異なるスタイルが浮き彫りとなっている。こうした姿勢によってカーペンターズや映画音楽などおなじみの名曲の数々が違う聴こえ方をする本作は、ジムなりの視点からの敬意の表明に間違いない。

カスタマーレビュー

今年一番

のヘビーローテ中。バカラックへの愛が伝わってきます。原曲の素晴らしさを再認識

ジムオルークによるバカラックの解釈。

単純に素晴らしい内容。頭3曲試聴すればポップスの効用を思い知れる。

もうはじめっから

さいこーです
ぜひすすめたい

バイオグラフィ

誕生: 1969年1月19日 Chicago, IL

ジャンル: オルタナティブ

活動期間: '80s, '90s, '00s, '10s

American post-classical composer Jim O'Rourke has been a key component in the increasing overlap of the American and European experimental music avant-garde, working in everything from jazz and rock to ambient and electro-acoustic, and building many a bridge in between. A Chicago native, his work has found equal luck with experimental jazz and noise fanatics, chill room denizens, and bedroom experimentalists, and has had the resultant effect of cross-pollinating many otherwise isolated compositional...
詳しいバイオグラフィー
All Kinds of People ~ Love Burt Bacharach ~, ジム・オルーク
iTunes で見る

カスタマー評価

大きな影響力を持つアーティスト

このアーティストに影響を受けた作品/アーティスト

同世代のアーティスト