iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 Kanye West「808s & Heartbreak」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

808s & Heartbreak

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

アルバムレビュー

Remember when Kanye West threatened to make an album where he would bear his heartbroken soul, align with T-Pain, sing on every song with the then inescapable Auto-Tune effect, and lean on the Roland TR-808 drum machine? It could have been a wreck, a case of an artist working through paralyzing heartache while loose in a toy store. Except West wasn't joking. In various spots across 808s & Heartbreak, the constant flutter of West's processed voice is enlivened by the disarming manner in which despair and dejection are conveyed. Several tracks have almost as much in common with irrefutably bleak post-punk albums as contemporary rap and R&B. For anyone sifting through a broken relationship and self-letdown, this could all be therapeutic.

カスタマーレビュー

乗り越えられるのか、この悲しみ

全体的に、「悲愴感」が漂う感じになっていると思う。 これは、たぶん「母の死」が一番強いのかも(CDにも写真が同封されてるし) この辛さをラップを封印し、「歌」で表現したっていうのは凄く面白いと思う。 また、メロディもヒップホップではなく、ジャンルレスな曲調。 天才が「素」を表現した感じが、個人的にとても良かったと思う。

Kanyeの金字塔

現代音楽は今どこへ向かおうとしているのか?それはKanyeは知っています。 それはKnow your own。やはり自分のことを知ることにあるんじゃないでしょうか? 前作のアルバムからお母さんとの別れ、大切な彼女との別れととても痛烈な 経験を得て、今Kanyeは世界へその音を鳴らそうとしているんだ。 当然その音は物悲しく、Hip Hopのような大人の男ががなったりする音楽では 無く、まるで精神瞑想音楽的な世界へたどりついたのじゃないでしょうか? Chicagoの音響らしくミニマムトランス系な音を含んでたり、なおかつChill Out 出来る音楽が必要となった。Kanyeは過去の経験から今にたどり着いた。 その結果はどうあれ俺たちはKanyeと一緒に音楽を作っているんだから暖かく 迎えるべきじゃないだろうか。このアルバムはKanyeの金字塔だ。

いい曲だがkanyeじゃない...

“卒業”したということか? らしくない楽曲の数々 Gold Diggerでファンになった私にとっては衝撃的だ キャッチーな#6は必聴

バイオグラフィ

誕生: 1977年6月8日 Atlanta, GA

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

活動期間: '90s, '00s, '10s

In the span of three short years, Kanye West went from hip-hop beatmaker to worldwide hitmaker, as his stellar production work for Jay-Z led to a major-label recording contract and, ultimately, a wildly successful solo career. West paired his beats with tongue-twisting raps and a self-assured, flamboyant personality. His dapper fashion sense set him apart from many of his rap peers, and his confidence often came across as boastful or even egotistical, albeit amusingly so. This flamboyance, of course,...
詳しいバイオグラフィー

リスナーはこんな商品も購入しています