14曲、57分

スタッフメモ

自身や夫ジェイ·Z、母親の誕生日であり、結婚記念日でもあるという、Beyoncéにとって最も重要な数字の「4」をタイトルに掲げたソロ4作目。前作「I Am... Sasha Fierce」と比べて格段にポップ性を増したキャッチーなサウンドにより、彼女のヴォーカルもよりはつらつと聴こえる。挑戦と変革をテーマにした本作に迎えられたプロデューサー陣は、テリウス·ナッシュ(ザ·ドリーム)、Diplo、Switch、Shea Taylor、ベイビーフェイスなど。Beyoncé自身も全曲に関わり、スリリングなポップサウンドを展開。"Run The World (Girls)"に代表される、全世界の女性たちへの賛歌を意気高揚と歌い上げる。

スタッフメモ

自身や夫ジェイ·Z、母親の誕生日であり、結婚記念日でもあるという、Beyoncéにとって最も重要な数字の「4」をタイトルに掲げたソロ4作目。前作「I Am... Sasha Fierce」と比べて格段にポップ性を増したキャッチーなサウンドにより、彼女のヴォーカルもよりはつらつと聴こえる。挑戦と変革をテーマにした本作に迎えられたプロデューサー陣は、テリウス·ナッシュ(ザ·ドリーム)、Diplo、Switch、Shea Taylor、ベイビーフェイスなど。Beyoncé自身も全曲に関わり、スリリングなポップサウンドを展開。"Run The World (Girls)"に代表される、全世界の女性たちへの賛歌を意気高揚と歌い上げる。

タイトル 時間

Beyoncé その他の作品

他のおすすめ