10曲、59分

タイトル 時間

評価とレビュー

インドの弓楽器エスラジが響く、音の狭間

向後 隆

すべての事象に潜む二面性の世界。音と音の間に広がる新たな空間と感覚。意識を遊ばせて聴いてみよう。インドの弓楽器エスラジとミステリアスな音が交錯するカレイドスコープ・ミュージック。(万華鏡音楽)

向後 隆/エスラジ、ビッグタンプーラ、スワルマンダル、カリンバ、ウドゥードラム、シンギングボウル、ビーンシェーカー、メタル、レインスティック、スモールパーカッション各種、Macプログラミング、サウンドトリートメント、Pro-tools

インドの弓楽器(ESRAJ)奏者&コンポーザーの向後 隆(こうご たかし)のアルバムです。エスラジや神秘的なエスニック・インストゥルメンツとMacを使って、インドのRAGA(ラーガ)エッセンスを取り入れたオリジナルミュージックを多数発表しています。エスラジ、Mac共に30年のキャリアを生かして、これからもCosmic & Meditativeな音楽を提供します。bon-music主宰。JASRAC(日本音楽著作権協会)会員。

エスラジ(ESRAJ)とは?

印度東部・ベンガル地方と、バングラデシュで見られる弓奏楽器です。弓の楽器はインドが起源と考えられていますが、この楽器の歴史はまだ浅く、近代的なものです。古典音楽よりも民謡の伴奏として使われる事が多いのですが、インドでも演奏者は非常に少なく、その演奏を聴ける機会は多くありません。

向後隆 その他の作品

アルバム