8曲、31分

iTunesスタッフメモ

歌謡曲のような即効性を持って、ネオアコ、オルタナティブ、インディ、R&Bなどのジャンルをごちゃまぜにミックスする自称 “ポストYouTube時代のポップ・マエストロ”、相対性理論。そのボーカリストであるやくしまるえつこと、Itoken、Jimanica によるツイン・ドラムと映像作家・山口崇司による映像一体型ドラム・デュオ d.v.d という2組による新ユニットがその名も「やくしまるえつこ と d.v.d」だ。1曲目 “ファイナルダーリン” が象徴するように、質感あるシンセ・サウンドとビート・メイクを第一に、ボーカルを声素材として使ったようなダンス・ミュージック的アプローチが印象的な一作だ。相対性理論ファンからは賛否両論な印象のある本作だが、それはコケティッシュなやくしまるえつこの声とメロディがキャッチーな相対性理論、同様にメロディ第一主義な “相対性理論+渋谷慶一郎” をはじめとした課外活動と比較したときのギャップによるところが大きいだろう。とは言え、本作はあくまでポップ&キャッチーで聴く者を選ぶ作品ではない。相対性理論を期待するのではなく、新しい音楽を聴くつもりでチェックしてもらいたいアルバムだ。

iTunesスタッフメモ

歌謡曲のような即効性を持って、ネオアコ、オルタナティブ、インディ、R&Bなどのジャンルをごちゃまぜにミックスする自称 “ポストYouTube時代のポップ・マエストロ”、相対性理論。そのボーカリストであるやくしまるえつこと、Itoken、Jimanica によるツイン・ドラムと映像作家・山口崇司による映像一体型ドラム・デュオ d.v.d という2組による新ユニットがその名も「やくしまるえつこ と d.v.d」だ。1曲目 “ファイナルダーリン” が象徴するように、質感あるシンセ・サウンドとビート・メイクを第一に、ボーカルを声素材として使ったようなダンス・ミュージック的アプローチが印象的な一作だ。相対性理論ファンからは賛否両論な印象のある本作だが、それはコケティッシュなやくしまるえつこの声とメロディがキャッチーな相対性理論、同様にメロディ第一主義な “相対性理論+渋谷慶一郎” をはじめとした課外活動と比較したときのギャップによるところが大きいだろう。とは言え、本作はあくまでポップ&キャッチーで聴く者を選ぶ作品ではない。相対性理論を期待するのではなく、新しい音楽を聴くつもりでチェックしてもらいたいアルバムだ。

タイトル 時間

やくしまるえつこ と d.v.d その他の作品

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています