10曲、38分

iTunesスタッフメモ

デビュー10周年を飾る8作目のアルバム。ヒップホップやファンクに接近して20代のリアルを描いた前作「NO MORE MUSIC」をさらに推し進め、パンクやニューウェーブなどの要素を加えながら、一本筋の通ったロックンロールを奏でる。時代を反映した強烈なメッセージを送る"Dreaming Man"、モノや情報にあふれた時代を皮肉る"NOTHING"など、オカモトショウ(Vo)の生々しい感情を伝えるリリックも深みと切れ味を増した。U2を思わせる雄大なサウンドの"Dancing Boy"のように、少年から大人へと変わる季節を写し取った感傷的な楽曲が、作品全体にビターな味わいを加えている。メンバー全員の少年時代の写真をコラージュしたアートワークにも注目。

iTunesスタッフメモ

デビュー10周年を飾る8作目のアルバム。ヒップホップやファンクに接近して20代のリアルを描いた前作「NO MORE MUSIC」をさらに推し進め、パンクやニューウェーブなどの要素を加えながら、一本筋の通ったロックンロールを奏でる。時代を反映した強烈なメッセージを送る"Dreaming Man"、モノや情報にあふれた時代を皮肉る"NOTHING"など、オカモトショウ(Vo)の生々しい感情を伝えるリリックも深みと切れ味を増した。U2を思わせる雄大なサウンドの"Dancing Boy"のように、少年から大人へと変わる季節を写し取った感傷的な楽曲が、作品全体にビターな味わいを加えている。メンバー全員の少年時代の写真をコラージュしたアートワークにも注目。

タイトル 時間

OKAMOTO'S その他の作品