iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 チャーリー・バード & ローリンド・アルメイダ「Brazilian Soul (Instrumental)」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。


The first of at least four meetings on record between the great Brazilian-styled guitarists Laurindo Almeida and Charlie Byrd, this very logical matchup (in a quartet with bassist Bob Magnusson and percussionist Milt Holland) is quite succesful. The music is tightly arranged with very little improvisation but the beauty of the two guitarist's distinctive tones and the colorful melodies makes this a rewarding set. From "Carioca" and Jobim's "Stone Flower" to several Brazilian classical pieces and even "Don't Cry For Me Argentina," everything works.


FM Sound Cruiser エンディング

2.はNHKのFM Sound Cruiserのエンディングの曲ですね。懐かしい…


誕生: 1925年9月16日 Chuckatuck, VA

ジャンル: ジャズ

活動期間: '40s, '50s, '60s, '70s, '80s, '90s

Tasteful, low-key, and ingratiatingly melodic, Charlie Byrd had two notable accomplishments to his credit — applying acoustic classical guitar techniques to jazz and popular music and helping to introduce Brazilian music to mass North American audiences. Born into a musical family, Byrd experienced his first brush with greatness while a teenager in France during World War II, playing with his idol Django Reinhardt. After some postwar gigs with Sol Yaged, Joe Marsala and Freddie Slack, Byrd...
Brazilian Soul (Instrumental), チャーリー・バード
iTunes で見る


この アルバム の平均評価を出すための十分なデータがありません。