18曲、1時間

スタッフメモ

2010年代を代表するポップディーバ誕生を告げたセカンドアルバム。マックス・マーティンやライアン・テダーら豪華ブレーンが集結して練り上げたプロダクションを背景に、ティーンアイドルから成熟したアーティストへと成長を遂げたアリアナのパワフルな歌唱が際立っている。デヴィッド・ゲッタを共作に迎えた"One Last Time"や、Zeddとのコラボ曲"Break Free"のようなEDMに加え、イギー・アゼリアやChildish Gambinoらを迎えてヒップホップ色もより強化されている。その一方で、マライア・キャリーを思わせる1990年代風R&Bポップや、ザ・ウィークエンドをゲストに迎えた"Love Me Harder"のシンセウェイヴにも顕著な1980年代エレポップへのオマージュなど、後の作品に比べてノスタルジックなポップ志向が強いのも本作の特徴だろう。

Mastered for iTunes

スタッフメモ

2010年代を代表するポップディーバ誕生を告げたセカンドアルバム。マックス・マーティンやライアン・テダーら豪華ブレーンが集結して練り上げたプロダクションを背景に、ティーンアイドルから成熟したアーティストへと成長を遂げたアリアナのパワフルな歌唱が際立っている。デヴィッド・ゲッタを共作に迎えた"One Last Time"や、Zeddとのコラボ曲"Break Free"のようなEDMに加え、イギー・アゼリアやChildish Gambinoらを迎えてヒップホップ色もより強化されている。その一方で、マライア・キャリーを思わせる1990年代風R&Bポップや、ザ・ウィークエンドをゲストに迎えた"Love Me Harder"のシンセウェイヴにも顕著な1980年代エレポップへのオマージュなど、後の作品に比べてノスタルジックなポップ志向が強いのも本作の特徴だろう。

Mastered for iTunes
タイトル 時間

評価とレビュー

4.3/5
517件の評価
517件の評価
三点固定

まあまあ笑

正直このアルバム全部の曲は同じ曲のように聞こえてくる。アルバム構成的にはとても微妙。。。だけどZeddやFergとのコラボの曲は凄く良く出来ているものだと感じました。

食い過ぎ太

予想通り

1枚目はここ5年位の中では最も聞いたアルバムになったが、今回は
メジャーになった影響で、急に大勢の大人の意見が入ったアルバムになった感じ。
流行りのEDMが入ったり、アイドルなのかアーティストなのかの立ち位置も曖昧に。
EDMもすでに3年位前から流行っていていまさら感が強い。マスを意識した
作りになっている感じ。葉加瀬太郎もこんな仕事は嫌なのではないだろうか。
ただ、この歌唱力は真実。後半のミドルチューンは聞ける。
別にずっと横を向かなくても十分キュートだと
思うし。次作も購入すると思う。

fhcdjcjkxdbchgvhfhxvxzちゅdj

声が神

アリアナが可愛いのは、よくわかるけど、歌手なんだからもう少し歌についての感想があってほしい〜〜

見た目だけ見て、arianatorとか言ってほしくない〜〜

a$ap fergがフィーチャリングしてるのがちょっとびっくりしたww

アリアナ・グランデ その他の作品

他のおすすめ