13曲、1時間3分

iTunesスタッフメモ

2005年9月にリリースされた通算12作目は、情緒豊かな力作。トマトを潰したイラストのジャケットに表現された初期衝動のような、疾走感あふれる楽曲"Worlds end"で幕を開ける。前年にバンドにとって2度目の日本レコード大賞を受賞した"Sign"を収録してはいるものの、全13曲にはかげりのある歌が多く、その内容もハード。"Monster"や"Door"に息づくメッセージ性は、桜井和寿が人間としてさまざまなことを経験し、現代社会の混迷を知ったゆえに表現できるテーマかもしれない。バンドの進化とともに深まったその世界観を堪能できるアルバム。

iTunesスタッフメモ

2005年9月にリリースされた通算12作目は、情緒豊かな力作。トマトを潰したイラストのジャケットに表現された初期衝動のような、疾走感あふれる楽曲"Worlds end"で幕を開ける。前年にバンドにとって2度目の日本レコード大賞を受賞した"Sign"を収録してはいるものの、全13曲にはかげりのある歌が多く、その内容もハード。"Monster"や"Door"に息づくメッセージ性は、桜井和寿が人間としてさまざまなことを経験し、現代社会の混迷を知ったゆえに表現できるテーマかもしれない。バンドの進化とともに深まったその世界観を堪能できるアルバム。

タイトル 時間

Mr.Children その他の作品

アルバム