11曲、38分

iTunesスタッフメモ

テン年代を象徴するタレントとしてその活動が注目されている Seiho。3枚目となる今作にはダンストラックと実験的なトラックが並んでいる。それぞれは、密度の高いエレクトロニック・サウンドを中心として、ジャジーなピアノやクラリネット、和楽器、鳥の鳴き声、ボイスサンプルなど様々な要素で繊細に構成されている。にもかかわらず聞こえてくる、どこかチャーミングでポップな音の響きは、今作のユニークな魅力の一つだ。また、このアルバムをさらに深く楽しむには、彼のルックスやファッション、ステージ、SNSを通して発信されるイメージなどを体験して、そこに流れる文脈をつかむのがいいだろう。ジャンルや国境、性別、世代などを力強く乗り越え、新しい景色を表現しようとしているアーティストの姿が見えてくる。非常に時代性の高い、聴き逃せない作品だ。

iTunesスタッフメモ

テン年代を象徴するタレントとしてその活動が注目されている Seiho。3枚目となる今作にはダンストラックと実験的なトラックが並んでいる。それぞれは、密度の高いエレクトロニック・サウンドを中心として、ジャジーなピアノやクラリネット、和楽器、鳥の鳴き声、ボイスサンプルなど様々な要素で繊細に構成されている。にもかかわらず聞こえてくる、どこかチャーミングでポップな音の響きは、今作のユニークな魅力の一つだ。また、このアルバムをさらに深く楽しむには、彼のルックスやファッション、ステージ、SNSを通して発信されるイメージなどを体験して、そこに流れる文脈をつかむのがいいだろう。ジャンルや国境、性別、世代などを力強く乗り越え、新しい景色を表現しようとしているアーティストの姿が見えてくる。非常に時代性の高い、聴き逃せない作品だ。

タイトル 時間
1:38
4:30
2:47
3:07
4:39
3:31
2:06
4:42
2:41
3:11
5:57

トップソング

アルバム

トップビデオ

リスナーはこちらも再生しています