7曲、37分

iTunesスタッフメモ

ジョン・コルトレーンのキャリアのターニングポイントとなった重要作。1959年、Atlantic Recordsと契約したコルトレーンは、マイルス・デイヴィスやセロニアス・モンクのグループでの経験を生かし、ハードバップの先にある自身の考えるジャズを追求した。高速のリズムと目まぐるしいコードチェンジを繰り返し、洪水のような音数でアドリブの限界に挑戦する難曲"Giant Steps"と"Countdown"。さらに、その対極にあるような静けさが漂う斬新なコード構成のバラード"Naima"など、試行錯誤の末、それまでのハードバップの方法論では表現することができなかった新たなサウンドを生み出した。収録曲の多くが時代を超えてジャズを志すミュージシャンの最良の教科書として聴き継がれている。刺激的な演奏に満ちたこの傑作の後、コルトレーンは未知の領域へさらなる一歩を踏み出していく。

iTunesスタッフメモ

ジョン・コルトレーンのキャリアのターニングポイントとなった重要作。1959年、Atlantic Recordsと契約したコルトレーンは、マイルス・デイヴィスやセロニアス・モンクのグループでの経験を生かし、ハードバップの先にある自身の考えるジャズを追求した。高速のリズムと目まぐるしいコードチェンジを繰り返し、洪水のような音数でアドリブの限界に挑戦する難曲"Giant Steps"と"Countdown"。さらに、その対極にあるような静けさが漂う斬新なコード構成のバラード"Naima"など、試行錯誤の末、それまでのハードバップの方法論では表現することができなかった新たなサウンドを生み出した。収録曲の多くが時代を超えてジャズを志すミュージシャンの最良の教科書として聴き継がれている。刺激的な演奏に満ちたこの傑作の後、コルトレーンは未知の領域へさらなる一歩を踏み出していく。

タイトル 時間
4:47
5:50
2:25
6:01
7:06
4:25
6:59

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています