13曲、1時間4分

タイトル 時間
4:48
4:51
4:51
3:59
5:31
6:29
2:54
4:13
5:10
3:48
5:35
5:09
7:09

評価とレビュー

それでもクオリティは高い

ZooZooZoo

待ちに待った、前作のリリースから4年ぶりのリリース。
若干の物足りなさを感じましたが、それでもクオリティはやはり高いです。
お勧めは、2,3,4,5,8,10。

2.バトル&勝利のファンファーレ メドレー
内容は「ビッグブリッヂの死闘」、「シーモアバトル」、「闘う者達」、「ファンファーレ」から構成されています。
超人気曲「ビッグブリッヂの死闘」は是が非でも1曲単体で出して欲しかったので、非常に残念。

3.Kiss Me Good-Bye
正統派のカヴァーで、聴いていて気持ち良いです。
「FINAL FANTASY12」」のEDを思い出しました。

4.独りじゃない
個人的にはゲーム内の原曲の武骨な音の方が好きですが、オーケストラの醍醐味の美しい重厚感が味わえます。
You Tube等でも同曲のオーケストラは多数ヒットしますが、同じような感じです。良い音で聴けます。

5.Balamb GARDEN~Ami
原曲のイメージそのままに、美しくシンプルに演奏されています。
ガーデンの中を移動していた時を思い出します。優しい木漏れ日のイメージ。
15年前に発売された「FITHOS LUSEC WECOS VINOSEC FINAL FANTASY VIII Orchestra Version」と似ています。

8.閃光
美しい仕上がりですが、試聴で分かる通り、テンポがやや遅い。
戦闘BGMの「閃光」の盛り上がりを期待して聴くと、テンポが遅いのと、盛り上がりきって欲しいところで音の厚みが足りないのとで、物足りなさを感じてしまいます。
ゲームのEDのつもりで聴くと、演奏自体は素晴らしいのでグっときます。
激しめが好きな方は、「ライトニングリターンズ」サントラ収録の「エンディングロール~終わりなき閃光~」の後半に出てくる「閃光」のアレンジの方が好みだと思います。

10.ローズオブメイ
これも原曲の「ローズオブメイ」とは別物と思って楽しんだ方が良いです。
原曲は凛とした強さをたたえたピアノ曲でテンポも速いですが、本作収録のアレンジは、最初から最後までゆったり目の曲調です。
メロディは原作に忠実で演奏は素晴らしいです。

総合すると、「最初から最後までいまいちひと押し足りない」という印象です。
ファンとしては、もっと、盛り上がるところで高音で突き抜けたりテンポを上げるなりして、ぐいぐいきてほしかったという感想。
それでも、クオリティはやはり高いです。
次作の選曲に期待です。
(あと、もうメドレーはやめてほしい。1曲ずつ丁寧に出してほしい。)

リスナーはこちらも購入しています