12曲、49分

iTunesスタッフメモ

前作から1年4か月ぶりとなる4枚目のアルバム。パスピエといえばその独自性だろう。必ずやどこかにそのバンドらしさというか、彼らの音楽で初めて体験する何かを忍ばせてくる。だからと言って奇をてらった仕上がりになっているかというと全くそうではなく、ポップでスッと耳に入ってくる楽しさ満載の音楽なのだ。その独特なサウンドは、エレクトロニックと歌謡曲を共存させ、新しいフォーマットの一つを確立してみせたかのような「DISTANCE」を聴けば、すぐに分かるだろう。全てのパートがしっかりと組み合っている、これぞバンドというソリッドな響き。メロディー、ハーモニー、リズム、サウンド、アレンジ全てにおいて新しい挑戦を発見できる痛快な傑作だ。

iTunesスタッフメモ

前作から1年4か月ぶりとなる4枚目のアルバム。パスピエといえばその独自性だろう。必ずやどこかにそのバンドらしさというか、彼らの音楽で初めて体験する何かを忍ばせてくる。だからと言って奇をてらった仕上がりになっているかというと全くそうではなく、ポップでスッと耳に入ってくる楽しさ満載の音楽なのだ。その独特なサウンドは、エレクトロニックと歌謡曲を共存させ、新しいフォーマットの一つを確立してみせたかのような「DISTANCE」を聴けば、すぐに分かるだろう。全てのパートがしっかりと組み合っている、これぞバンドというソリッドな響き。メロディー、ハーモニー、リズム、サウンド、アレンジ全てにおいて新しい挑戦を発見できる痛快な傑作だ。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています