iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 デヴィッド・ベノワ「Right Here, Right Now」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

Right Here, Right Now

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

アルバムレビュー

A true elder statesman of contemporary jazz (whose seminal mid-'80s recordings helped pave the way for the smooth jazz genre), pianist David Benoit stayed relevant, fresh, and funky due to three factors — brilliant melodies, stylistic diversity from track to track, and working with hip, edgy producers. Rick Braun co-produced two of Benoit's recent, similarly brilliant offerings, Professional Dreamer (1999) and Fuzzy Logic (2001), and on Right Here, Right Now assumes the helm fully, guiding Benoit through a wide terrain of musical territory, sometimes adding his own trumpet expertise. There's the ongoing fun of funk/soul triumphs like "Watermelon Man" (Herbie Hancock's classic fashioned with the old-school bounce of another Benoit influence, Ramsey Lewis), the retro-minded title track, and the brassy jam "Jellybeans and Chocolate" (featuring Brian Culbertson and Euge Groove). Benoit's more thoughtful side emerges on the film score-like "Le Grand," an unofficial tribute to the style of Michel Legrand featuring a dense percussion atmosphere, and the understated, melancholy "Quiet Room," a tribute to Benoit's late father (featuring Braun and guitarist Pat Kelley) and something of a sequel to his Grammy-nominated piece "Dad's Room." Benoit's other stops include hitching posts in "Swingin' Waikiki" (ah, the joy of bossa, featuring saxman Andy Suzuki) and a mystical, bass-throbbing "Third Encounter." Aside from his occasional Vince Guaraldi reduxes, Benoit with a few exceptions never much relied on cover tunes, but here includes two besides the Hancock tune — a dreamy "Don't Let Me Be Lonely Tonight" with Peter White and an orchestra, and a sparse easy listening cover of "Don't Know Why." Years passed, smooth jazz radio kept playing his oldies, yet his new stuff kept getting better and better.

カスタマーレビュー

ボクのアイドル、David Benoit!

この人はモロ西海岸アーティスト、いわゆるSmoothJazzManです...って紹介の仕方は安っぽくて恐縮ですがでも西海岸にはこの人あり!的存在なんです。GroverWashington Jr.に始まった観のあるSmoothJazzブームですが実はDavid Benoit(ベノワと読みます)こそがKing of Smoothって勝手に思っとります。しかもDBの様々なアルバム中の演奏者クレジットを見るとビックリするぐらいのビッグネームばかり!特に彼と共演した若手メロディ楽器奏者はソロでも大活躍...現代版マイルス的役割を自然に担っている様な気さえします。(リズム隊はなぜか大御所ばかり) そして、このアルバムだけに言えることではありませんがDB=オールジャンルなんです。元々ビルエヴァンスに影響を受けたアーティストみたいなんですが、若い頃に南米に渡ってラテン音楽から多大な影響を受け、特にブラジルサンバからの影響は色んなアルバムに色濃く出ています。ボクが初めて聴いたDBの印象はファンキーグルーヴ!ってなノリノリイメージがありますが、4ビートあり、ファンクあり、ラテンあり、ワルツあり、クラシックあり、フォークあり...とにかく聴いてて飽きないです! そして何よりこの人の曲はキャッチー!綺麗!!...んでもってやっぱりグルーヴィー♪ 全然難解な感じがしないジャズ、それがSmooth!それがDavid Benoit!!(奥さん日本人☆)

バイオグラフィ

誕生: 1953年8月19日 Bakersfield, CA

ジャンル: ジャズ

活動期間: '70s, '80s, '90s, '00s, '10s

One of the more popular performers in the idiom somewhat inaccurately called "contemporary jazz," David Benoit has mostly performed light melodic background music, what critic Alex Henderson has dubbed "new age with a beat." Benoit has done a few fine jazz projects (including a tribute to Bill Evans and a collaboration with Emily Remler) but most of his output for GRP has clearly been aimed at the charts. He studied composition and piano at El Camino College and, in 1975, played on the soundtrack...
詳しいバイオグラフィー
Right Here, Right Now, デヴィッド・ベノワ
iTunes で見る

カスタマー評価

この アルバム の平均評価を出すための十分なデータがありません。

影響を与えたアーティスト

同世代のアーティスト