iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。進捗インジケータ
iTunes

iTunes はデジタルメディアのコレクションの管理、追加がとても簡単に行えるツールです。

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 デューク・ジョーダン「Duke's Delight」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

iTunes を持っています 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

アルバムレビュー

Starting in 1973, pianist Duke Jordan recorded a long series of excellent sets for the European SteepleChase label; all should be of interest to bop collectors. This CD reissue, which adds an alternate take of the title cut to the original LP program, has five quintet numbers — all Jordan originals — with trumpeter Richard Williams (in excellent form), tenor saxophonist Charlie Rouse, bassist Sam Jones and drummer Al Foster, plus a solo piano rendition of "Solitude." The date lives up to its potential.

伝記

誕生: 1922年4月2日 New York, NY

ジャンル: ジャズ

活動期間: '40s, '50s, '60s, '70s, '80s, '90s

Although he had a long career, Duke Jordan will always be best known for being pianist with Charlie Parker's classic 1947 quintet. A little earlier, he worked with the Savoy Sultans, Coleman Hawkins, and the Roy Eldridge big band (1946). After his year with Parker (his piano introductions to such songs as "Embraceable You" were classic), Jordan worked with the Sonny Stitt/Gene Ammons quintet (1950-1951) and Stan Getz (1949 and 1952-1953). He started recording as a leader in 1954, debuting his most...
詳しいバイオグラフィー

リスナーはこんな商品も購入しています

Duke's Delight, デューク・ジョーダン
iTunes で見る

カスタマー評価

この アルバム の平均評価を出すための十分なデータがありません。

影響を受けたアーティスト

影響を与えたアーティスト

同時代のアーティスト