iTunes

Opening the iTunes Store.If iTunes doesn't open, click the iTunes application icon in your Dock or on your Windows desktop.Progress Indicator
Opening the iBooks Store.If iBooks doesn't open, click the iBooks app in your Dock.Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

We are unable to find iTunes on your computer. To preview and buy music from Cookin' At the Continental by James Clay, download iTunes now.

Already have iTunes? Click I Have iTunes to open it now.

I Have iTunes Free Download
iTunes for Mac + PC

Cookin' At the Continental

James Clay

Open iTunes to preview, buy, and download music.

Album Review

Tenor saxophonist James Clay had a brief comeback starting in 1988 before he passed away in 1995. This is one of his final recordings. Most interesting is a duet with bassist Christian McBride on "Crazeology." There are also four quartet numbers (with McBride, pianist Kirk Lightsey, and drummer Winard Harper) and four selections that are reunions with fellow tenor David "Fathead" Newman (including a remake of "Wide Open Spaces"). Two of the numbers with Newman ("Sister Sadie" and "Moanin'") also feature trumpeter Roy Hargrove. Although Clay's playing is not flawless (Newman sounds more consistent), plenty of sparks fly and this is a frequently exciting set, well worth searching for.

Customer Reviews

実力派テナーマンの豪快な演奏!

1991年6月18日と19日の録音ということです。メンバーはリーダーがテナーサックスのジェームス・クレイ(55歳)、“Cookin’ At the Continental”と“Sister Sadie”と“Wide Open Spaces”では同じくテナーサックスのデイヴィッド・”ファットヘッド“・ニューマン(58歳)、“Sister Sadie”と“Moanin’”にはトランペッターのロイ・ハーグローヴ(21歳8ヶ月)、ピアノはカーク・ライトジー(54歳)、ベースがクリスチャン・マクブライド(19歳)、ドラムスはウィナード・ハーパー29歳)です。   余計なことなのかも知れませんが、彼らの年齢が気になったので調べてみました。(  )内はいずれも録音当時の年齢です。驚くことはリズムセクションのベースとドラムスが若手であり、さらにトランペットのロイ・ハーグローヴも若手のばりばりだということです。ベテランと若手が微妙なコントラストと融合をみせているのがこのアルバムの大きな特徴だと思います。それでは1曲ずつみていくことにしましょう。  1曲目は“Cookin’ At the Continental”です。12小節のブルース形式の曲だと思います。よくあるツーテナーによるバトル合戦形式の演奏になっています。デクスター・ゴードンとワーデル・グレイのテナーバトルも大変有名だと思いますが、それにひけをとらない感じの豪快で楽しい演奏になっています。最初にソロをとるのがジェームス・クレイで次がデイヴィッド・”ファットヘッド“・ニューマンだと思われます。55歳と58歳とは思われぬ力強い演奏です。2人を比べると、ジェームス・クレイの方がより荒々しく豪快な感じです。デイヴィッド・”ファットヘッド“・ニューマンはより洗練された音色とメロディーラインできれいに歌い上げていく感じです。素晴らしい演奏だと思います。続くピアノのカーク・ライトジーは典型的なハードバップスタイルの演奏です。その後、2人の掛け合いがありいやがおうでも盛り上がってエンディングテーマになります。  2曲目は“Sister Sadie”です。アートブレーキーとジャズメッセンジャーズでもよく取り上げられていると思います。ファンキーなナンバーです。(ホレス・シルバーの作曲ではなかったかと思います。)ジェームス・クレイが勢いよく飛び出します。続いてロイ・ハーグローヴがノリのいいアドリブを聞かせてくれます。まるでリー・モーガンを彷彿させるいきのいい演奏です。続いてデイヴィッド・”ファットヘッド“・ニューマンの演奏になります。歌心十分のうっとりするようなつぼを心得た演奏です。カーク・ライトジーがホレス・シルバーばりのファンキーなピアノ演奏を聞かせてくれます。しかしそれにしてもノリのいい曲だと思います。演奏者たちもごきげんな演奏をたっぷりと聞かせてくれています。  3曲目は“Moanin’”です。アート・ブレーキーとジャズメッセンジャーズの演奏でとても有名な曲です。しかもメッセンジャーズの歴代のトランペッターの演奏がいろいろ聴かれるのもこの曲の特徴の1つです。それほど繰り返し演奏されてきた曲だともいえます。しかし、ブレーキーはロイ・ハーグローヴと演奏する機会はなかったようです。もしブレーキーが健在ならきっと若手ばりばりのハーグローヴをメッセンジャーズに引き入れていたのではないでしょうか。もしそうならどんな演奏になっていたでしょうか。そんなことを想像させるに十分な楽しくて迫力のあるハーグローヴのアドリブがたっぷりと聴けます。貴重な演奏だとも思います。   お馴染みのテーマの後、リーダーのクレイからソロをとります。力強さとなんとなくノンシャランな感覚の演奏になっています。ちょっとベニー・ゴルソンを思わせるフレーズもでてきます。続いてハーグローヴがソロをとります。ちょっとリー・モーガンを彷彿させるところもあったりします。クリフォード・ブラウンっぽいところもあります。ピアノのカーク・ライトジーのソロの後マクブライドのベースソロになり、祖ノア後、テーマに戻ります。よく言われるように「古い革で作ったいれものに新しい酒を注ぐ」といった感じの演奏です。  4曲目は“Crazeology”です。テナーサックスのジェームス・クレイとベースのクリスチャン・マクブライドのデュオによる演奏です。ここでのクレイのアドリブも素晴らしいものです。ピアノもドラムスもない中での演奏なのですが、実に朗々と歌い上げていくところのスリリングな演奏は聞き応えがあります。またテーマの時から実に細かいフレーズをクレイに負けじと引きまくるマクブライドのテクニックと演奏スタイルには舌をまくばかりです。しかもこの時若干19歳です。ビル・エヴァンストリオでの演奏で有名なスコット・ラファロみたいにウッドベースで高音域まで駆使したメロディーラインは信じられないような世界を作りだしています。簡単に言うと、テナーサックスみたいな演奏をベースでやっている感じです。  5曲目は“Easy Living”です。スタンダードナンバーですが、ジェームス・クレイがしっとりと、ゆったりと歌い上げていくところが素晴らしいです。彼の歌心がそのまま伝わってくるようなアドリブになっています。カーク・ライトジーのこれまたしっとりと歌い上げるピアノソロの後、再びクレイの演奏になり盛り上がった後、テーマになります。  6曲目は“Georgia On My Mind”です。とても有名な曲ですがテーマの部分では大らかにゆるやかにバラードの世界を展開してみせてくれています。アドリブになるとややテンポが速くなり、同じく軽快なカーク・ライトジーの演奏が続きます。再びクレイのテナーサックスソロがあり、そしてテーマになります。  7曲目は“Barbados”です。ミドルテンポの軽快な演奏です。ちょっと「ポインシアナ」を思わせるラテンのリズムの曲です。アドリブになるとフォービート(4拍子)になります。クレイのテナーサックスソロ、ライトジーのピアノソロ、マクブライドのベースソロ、そしてテーマに戻ります。  8曲目は“You’re Mine, You!”です。実に美しい曲であり、またうっとりするような柔らかい演奏になっています。ピアノのカーク・ライトジーとのデュオです。バックにベースやドラムスが入っているかのような安定した雰囲気の中で即興演奏が繰り広げられています。ピアノのソロの時は文字通りのソロ演奏になります。  9曲目は“Wide Open Spaces”です。1曲目と同じくテナーバトルをフューチャーした演奏です。ブルース形式のノリのいい曲と演奏です。ここではデイヴィッド・”ファットヘッド“・ニューマンが先にアドリブをとっているようです。しかも、短めです。リーダーのジェームス・クレイに気を使ったのでしょうか。続いてジェームス・クレイのアドリブの番になります。そしてカーク・ライトジーのピアノソロ、クリスチャン・マクブライドのベースソロの後、ドラムスのウィナード・ハーパーとの4バスチェンジ(4小節交換)の後、テーマに戻って演奏は終了します。このアルバム全体に聞き応えがあり「お疲れさん!」といった気持ちになります。  ビリー・ハーパーのホームページを見ていたら、彼が影響を受けたジャズミュージシャンという項目の中に、ジェームス・クレイという名前がありました。私は彼は全く知らないプレーヤーだったので、早速iTunesで検索すると1枚だけありました。ダウンロードして聞いてみました。確かに豪快さも力強い音色もビリー・ハーパーそっくりでした。正確にはビリー・ハーパーがそっくりだということになります。なるほど、ビリー・ハーパーに強い影響を与えたテナーサックス奏者だなということはわかりました。でも今ひとつなんだかはっきりしない気分でした。そこでインターネットでいろいろ検索してみると「ソニー・ロリンズタイプのテナーサックス奏者である」との記事をみつけました。なるほどと合点がいきました。言われてみればソニー・ロリンズやデクスター・ゴードンにそっくりの力強い演奏スタイルです。歌心も素晴らしいものがあります。よく似ています。 しかしソニー・ロリンズやデクスター・ゴードンの場合は、例えば白い紙の上にエンピツで円を2つ描いた時と同じで、それぞれに彼らの閉じた世界を感じます。一方ジェームス・クレイの場合、円を描いても最後のところが閉じていない感じです。それだけにどことなく茫洋としたとらえようのなさを感じます。インプロヴィゼーションをしていても「果たして終わりまでたどりつくのかなあ?」とか「あれあれ、そっちの方へ行っちゃってちゃんと起承転結をふまえることができるのかなあ?」と一瞬不安にかられるような、なんだかドキドキさせられる感じがします。逆に言えばスリルがあります。 今回初めてジェームス・クレイの演奏を聞く機会を持てて良かったと思っています。しかし、腕達者な演奏家がこれでもか、これでもかとひしめいているアメリカのジャズ界とは何とすごいところだろうと改めて思いました。評価の方はもちろん5つ星だと思います。

Biography

Born: September 8, 1935 in Dallas, TX

Genre: Jazz

Years Active: '60s, '70s, '80s, '90s

Up until 2004, the main James Clay on recordings was a jazz saxophonist. A self-titled set of songs on the Inpop label by a 22-year-old former member of what has been described as a "controlling religious cult" changed all that. Clay says quite interesting things about spirituality in interviews, recalling how religious teachings were basically used to torture him as a child. Nonetheless, he felt compelled to turn to these very teachings for answers in a later, more serene part of his life. Clay...
Full Bio

Top Albums and Songs by James Clay

Cookin' At the Continental, James Clay
View In iTunes
  • ¥1,600
  • Genres: Jazz, Music, Hard Bop
  • Released: Jan 01, 1992

Customer Ratings

We have not received enough ratings to display an average for this album.

Influencers

Followers

Contemporaries