8曲、32分

iTunesスタッフメモ

映画をテーマに制作されたという3枚目のミニアルバム。エモーショナルなハウスサウンドにコムアイらしさ全開のラップが交錯する "ミツコ"、性急な4つ打ちビートで疾走していく "義経"、バンピーなダンストラック上で歌とラップが躍る "モスラ"、どこか哀愁が漂うドラムンベースナンバー "ニキータ"、2ステップビートにコムアイの歌を全面フィーチャーし初期の水曜日のカンパネラを思わせる1曲 "ダ・ヴィンチ" と、前作に続いて Kenmochi Hidefumi のプロデュースのもと、バラエティーに富んだクラブサウンドが楽しめる。キテレツな詩世界とのバランス感覚は作品を追うごとに研ぎ澄まされている印象で、ポップミュージックとしての完成度を増した一作だ。

iTunesスタッフメモ

映画をテーマに制作されたという3枚目のミニアルバム。エモーショナルなハウスサウンドにコムアイらしさ全開のラップが交錯する "ミツコ"、性急な4つ打ちビートで疾走していく "義経"、バンピーなダンストラック上で歌とラップが躍る "モスラ"、どこか哀愁が漂うドラムンベースナンバー "ニキータ"、2ステップビートにコムアイの歌を全面フィーチャーし初期の水曜日のカンパネラを思わせる1曲 "ダ・ヴィンチ" と、前作に続いて Kenmochi Hidefumi のプロデュースのもと、バラエティーに富んだクラブサウンドが楽しめる。キテレツな詩世界とのバランス感覚は作品を追うごとに研ぎ澄まされている印象で、ポップミュージックとしての完成度を増した一作だ。

タイトル 時間

水曜日のカンパネラ その他の作品

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています