19曲、1時間26分

スタッフメモ

ロックミュージシャンの中でも、特に幅広いジャンルに渡る作品をクリエイトし続けててきた、デーモン・アルバーン。彼が探求する音楽の集大成とも言えるニューアルバム「Everyday Robots」は、The Good the Bad and the Queen のムーディなダブ・エレメント、ゴリラズのエレクトロニック・アンビアンス、そして2005年にリリースされた「Mali Music」におけるリズミックなアプローチなどの要素が凝縮されている。このアルバムの感情豊かで冒険的なサウンドは、まさにデーモンのようなアーティストにしか作り出せない作品であろう。オープニングを飾るタイトルトラックでは “We are everyday robots on our phones(僕らは電話に繋がったロボットだ)” と嘆くような歌詞で社会のデジタル化に対する杞憂を訴え、バット・フォー・ラッシェズのナターシャ・カーンが神秘的なエコーを添える “Selfish Giant” や、悲しげな管楽器のソロが印象的な “Hollow Ponds”、ゴスペル聖歌隊がバックで歌うアフロポップ・テイストの “Mr. Tembo” などを収録した、ユニークで思慮深い作品に仕上がっている。

スタッフメモ

ロックミュージシャンの中でも、特に幅広いジャンルに渡る作品をクリエイトし続けててきた、デーモン・アルバーン。彼が探求する音楽の集大成とも言えるニューアルバム「Everyday Robots」は、The Good the Bad and the Queen のムーディなダブ・エレメント、ゴリラズのエレクトロニック・アンビアンス、そして2005年にリリースされた「Mali Music」におけるリズミックなアプローチなどの要素が凝縮されている。このアルバムの感情豊かで冒険的なサウンドは、まさにデーモンのようなアーティストにしか作り出せない作品であろう。オープニングを飾るタイトルトラックでは “We are everyday robots on our phones(僕らは電話に繋がったロボットだ)” と嘆くような歌詞で社会のデジタル化に対する杞憂を訴え、バット・フォー・ラッシェズのナターシャ・カーンが神秘的なエコーを添える “Selfish Giant” や、悲しげな管楽器のソロが印象的な “Hollow Ponds”、ゴスペル聖歌隊がバックで歌うアフロポップ・テイストの “Mr. Tembo” などを収録した、ユニークで思慮深い作品に仕上がっている。

タイトル 時間
15
16
17
18
19

デーモン・アルバーン その他の作品

他のおすすめ