11曲、47分

スタッフメモ

1980年代後半から1990年代のJ-Popに影響を受けつつ、自由なスタイルで独自のポップセンスを広げてきた鳥取出身のシンガー、杏沙子。初のフルアルバムとなる本作は、キュートなラブソングから内省的なバラード、ファンタジックな世界観に包まれたナンバーまで、バラエティー豊かな11曲を収録。日本語の響きを生かした親しみやすい楽曲を、情感のこもったナチュラルな歌声で生き生きと表現する。山本隆二、横山裕章、冨田恵一といったベテランのアレンジャーと、名越由貴夫(G)、沖山優司(B)ら名うてのミュージシャンによる、キャッチーかつ繊細なサウンドも聴きどころ。インディーズ時代の代表曲"アップルティー"の新録バージョンや、故郷を舞台に描く"とっとりのうた"など、杏沙子のルーツと幅広い魅力が凝縮された作品。

スタッフメモ

1980年代後半から1990年代のJ-Popに影響を受けつつ、自由なスタイルで独自のポップセンスを広げてきた鳥取出身のシンガー、杏沙子。初のフルアルバムとなる本作は、キュートなラブソングから内省的なバラード、ファンタジックな世界観に包まれたナンバーまで、バラエティー豊かな11曲を収録。日本語の響きを生かした親しみやすい楽曲を、情感のこもったナチュラルな歌声で生き生きと表現する。山本隆二、横山裕章、冨田恵一といったベテランのアレンジャーと、名越由貴夫(G)、沖山優司(B)ら名うてのミュージシャンによる、キャッチーかつ繊細なサウンドも聴きどころ。インディーズ時代の代表曲"アップルティー"の新録バージョンや、故郷を舞台に描く"とっとりのうた"など、杏沙子のルーツと幅広い魅力が凝縮された作品。

タイトル 時間