14曲、1時間17分

iTunesスタッフメモ

ピーター・フランプトンが1976年にリリースしたダブルアルバム「Frampton Comes Alive!」は時代を代表する一枚であると同時に、ピーターの最高傑作でもある。彼はロック界で最も過小評価されたギタリストと言っても過言ではないだろう。"Show Me the Way"や"Baby, I Love Your Way"は誰もが知っているヒット曲だが、"Lines On My Face"や"Winds of Change"、そして13分にも及ぶ"Do You Feel Like We Do"のニュアンスとテクスチャーがこのアルバムを大作というステータスにまで引き上げている。カバー曲の"Jumping Jack Flash"はキーボードのサウンドと長いジャムパートで70年代のアリーナロックを体験させる。さらに"Something's Happening"、"Doobie Wah"、"It's a Plain Shame"などの曲が、このアルバムによってロック史に深く刻まれた。

iTunesスタッフメモ

ピーター・フランプトンが1976年にリリースしたダブルアルバム「Frampton Comes Alive!」は時代を代表する一枚であると同時に、ピーターの最高傑作でもある。彼はロック界で最も過小評価されたギタリストと言っても過言ではないだろう。"Show Me the Way"や"Baby, I Love Your Way"は誰もが知っているヒット曲だが、"Lines On My Face"や"Winds of Change"、そして13分にも及ぶ"Do You Feel Like We Do"のニュアンスとテクスチャーがこのアルバムを大作というステータスにまで引き上げている。カバー曲の"Jumping Jack Flash"はキーボードのサウンドと長いジャムパートで70年代のアリーナロックを体験させる。さらに"Something's Happening"、"Doobie Wah"、"It's a Plain Shame"などの曲が、このアルバムによってロック史に深く刻まれた。

タイトル 時間
14

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています