11曲

iTunes スタッフメモ

日本が誇るDJ/プロデューサーとして世界的に高い人気と評価を得ている KEN ISHII の2002年のアルバム。自身が主催するレーベル、70 Drums からの第1弾作品としてリリースされた。映画や各種キャンペーン等のプロジェクトに積極的に参加し、活動範囲と音楽性の幅を広げていたこの時期の KEN ISHII だが、このアルバムでは自身のルーツであるテクノ、特にデトロイト・テクノ・サウンドの原点に回帰したようなサウンド・プロダクションを披露している。そこにあるのは、シンプルでありながらしなやかで力強いタイトなビートと、繊細さを感じさせる研ぎ澄まされた美しい旋律が織り成す高揚感。一聴すると無機質なサウンドの機械的な繰り返しのようでいて、その反復が生み出すグルーブ感に身を委ねているとジワジワとエモーショナルな部分に訴えかけてきて、あたかもリスナーを別の時空へ誘ってくれるような感覚を生み出す。そんな、テクノという音楽が本来持っている根源的な魅力とパワーを再発見できる力作だ。

iTunes スタッフメモ

日本が誇るDJ/プロデューサーとして世界的に高い人気と評価を得ている KEN ISHII の2002年のアルバム。自身が主催するレーベル、70 Drums からの第1弾作品としてリリースされた。映画や各種キャンペーン等のプロジェクトに積極的に参加し、活動範囲と音楽性の幅を広げていたこの時期の KEN ISHII だが、このアルバムでは自身のルーツであるテクノ、特にデトロイト・テクノ・サウンドの原点に回帰したようなサウンド・プロダクションを披露している。そこにあるのは、シンプルでありながらしなやかで力強いタイトなビートと、繊細さを感じさせる研ぎ澄まされた美しい旋律が織り成す高揚感。一聴すると無機質なサウンドの機械的な繰り返しのようでいて、その反復が生み出すグルーブ感に身を委ねているとジワジワとエモーショナルな部分に訴えかけてきて、あたかもリスナーを別の時空へ誘ってくれるような感覚を生み出す。そんな、テクノという音楽が本来持っている根源的な魅力とパワーを再発見できる力作だ。

タイトル 時間 価格
6:14 ¥200
6:16 ¥200
5:24 ¥200
4:04 ¥150
7:31 ¥200
6:17 ¥200
6:31 ¥200
6:45 ¥200
6:46 ¥200
5:59 ¥200
5:02 ¥200

KEN ISHIIについて

KEN ISHIIのトップソング

KEN ISHIIのトップアルバム

KEN ISHIIのトップミュージックビデオ

リスナーはこちらも購入しています