13曲、41分

iTunesスタッフメモ

人気者になってからの快進撃を反映したかのようなメジャー第2作。楽しさと勢い満点の演奏がパワーアップしている一方で、全体としてはエモーショナルな感触が強まっている。たとえば、"気をつけなはれや"には元恋人に対するこやまたくやの思いが、"メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲"や"サークルバンドに光を"にはバンドの根底にある音楽観が表現されており、彼らが真剣に声を上げている様子がうかがえるのだ。音は相変わらず多様性がありながらも、ややラウド。そして、亀田誠治にプロデュースを委ねたラストナンバーは、壮大なオーケストラの参加によってドラマチックに仕上がっている。成長を続けるバンドの姿と、実は生真面目なメンバーの性格の両方が垣間見える、刺激的なアルバムだ。

iTunesスタッフメモ

人気者になってからの快進撃を反映したかのようなメジャー第2作。楽しさと勢い満点の演奏がパワーアップしている一方で、全体としてはエモーショナルな感触が強まっている。たとえば、"気をつけなはれや"には元恋人に対するこやまたくやの思いが、"メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲"や"サークルバンドに光を"にはバンドの根底にある音楽観が表現されており、彼らが真剣に声を上げている様子がうかがえるのだ。音は相変わらず多様性がありながらも、ややラウド。そして、亀田誠治にプロデュースを委ねたラストナンバーは、壮大なオーケストラの参加によってドラマチックに仕上がっている。成長を続けるバンドの姿と、実は生真面目なメンバーの性格の両方が垣間見える、刺激的なアルバムだ。

タイトル 時間

ヤバイTシャツ屋さん その他の作品

アルバム