8曲、52分

タイトル 時間
8:19
4:45
7:35
5:35
6:36
5:45
8:46
5:35

カスタマーレビュー

インドの弓楽器エスラジのソロアルバム

向後 隆

このCDでは、北印度古典音楽をベースとした演奏をしています。印度音楽にはRaga(ラーガ)と呼ばれる旋律の理論があり、一日の時間帯で異なったRagaを演奏します。例えばRaga-Bilawalは朝、Raga-Jounpuriは午後、Raga-Kafiは深夜という様に。ここでは私が印度の聖地Varanasi(ヴァーラーナシー)を旅した時にインスピレーションを受けたイメージを、Ragaを用いて創ってみました。各Ragaの解説等はあえて書かずにおきましたので、その分、皆様の感性で聴かれて頂ければ幸いです。

1. Ganga in the Universe / Raga Malaya-Marutham
 破壊と創造の神・シヴァの頭から流れ出て来たと伝えられている大河・ガンガーの宇宙的な広がりを感じて演奏しました。

2. Sara-Sara / Raga Suddh-Sarang
 インドの暑い午後のお昼ねタイムには、寝室の窓に木漏れ日が差し込み、木の葉のささやきが聴こえてきます。昼のラーガ「Suddh-Sarang」

3. Moon dream / Raga Chandrakouns
 月夜にガンガーの畔に浮かんだもう一つの月を眺めながら、物思いにふければ時間も超越し、私は宇宙を自在に飛んでいました。月夜のラーガ。

4. Tampura-Meditation / Tampura & Swal-mandar
 全曲を通してバックに小さく鳴っている不思議な音がする楽器・タンプーラで、メディテーション・ミュージックを創りました。お香の香りがしてきます。

5. Dark doors / Raga Multani
 ヴァーラーナシーのムスリム・ストリートを散歩していた時に、家の奥の方からコーランを唱えている声が聞こえてきましたが、それは幻聴でした。

6. Spiritual place / Raga Pilu
 誰の心の中にも聖なる場所を持っていたいものです。聖地を旅した時、いつも思います。

7. Emotions / Raga Kaunsi-Kanrah
 このラーガはリリカルでとても深く、牧歌的でもあります。私の師、Pandit V.G.Jogの教えを参考に、5拍子のアレンジをしてみました。

8. Esraj-Meditation
 Tampura-Meditationのバックトラックを聴きながら、自由な感じでエスラジを演奏してみました。

エスラジ(ESRAJ)とは?

印度東部・ベンガル地方と、バングラデシュで見られる弓奏楽器です。弓の楽器はインドが起源と考えられていますが、この楽器の歴史はまだ浅く、近代的なものです。古典音楽よりも民謡の伴奏として使われる事が多いのですが、インドでも演奏者は非常に少なく、その演奏を聴ける機会は多くありません。

インドの弓楽器(ESRAJ)奏者&コンポーザーの向後 隆(こうご たかし)のアルバムです。エスラジや神秘的なエスニック・インストゥルメンツとMacを使って、インドのRAGA(ラーガ)エッセンスを取り入れたオリジナルミュージックを多数発表しています。エスラジ、Mac共に30年のキャリアを生かして、これからもCosmic & Meditativeな音楽を提供します。

アルバム