13曲、42分

iTunesスタッフメモ

2016年に多くの話題曲に参加して注目を集めたラッパーの唾奇が、プロデューサーの Sweet William とガッチリとタッグを組んで完成させた2017年リリースのダブルネームアルバム。沖縄出身の唾奇のラップは、厳しい境遇で育ったリアリティを直裁に毒々しく吐き出す強い言葉とスムースなフロウのギャップが特徴だ。一方の Sweet William の持ち味は、ピアノなどの生楽器のオーガニックな肌触りとヒップホップならではのサンプリングセンスを駆使したメロディアスなトラック。相いれないように思える組み合わせだが、それぞれの個性が交わることで棘を中和させながら互いを際立たせ、この組み合わせでなければあり得ない特別なケミストリーが生まれている。1+1が2以上になるコラボレーションの醍醐味が味わえる作品だ。

iTunesスタッフメモ

2016年に多くの話題曲に参加して注目を集めたラッパーの唾奇が、プロデューサーの Sweet William とガッチリとタッグを組んで完成させた2017年リリースのダブルネームアルバム。沖縄出身の唾奇のラップは、厳しい境遇で育ったリアリティを直裁に毒々しく吐き出す強い言葉とスムースなフロウのギャップが特徴だ。一方の Sweet William の持ち味は、ピアノなどの生楽器のオーガニックな肌触りとヒップホップならではのサンプリングセンスを駆使したメロディアスなトラック。相いれないように思える組み合わせだが、それぞれの個性が交わることで棘を中和させながら互いを際立たせ、この組み合わせでなければあり得ない特別なケミストリーが生まれている。1+1が2以上になるコラボレーションの醍醐味が味わえる作品だ。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.6/5
29件の評価
29件の評価
赤目団体

とばされた~

最高
 とりあえず首ふる~ 

わくいき

さいこさいこだと思うよ

rinny_boy

気持ちよすぎる

ラップはやや個性に欠ける量産型タイプなものの、トラックが凄すぎる。なんだこれ。インスト欲しい。

唾奇 その他の作品