15曲、1時間8分

スタッフメモ

16歳でデビューして以来、ティーンのリアルな感情を歌ってきた加藤ミリヤの20代最初のアルバム(通算4作目)。R&Bをベースに、アコースティックサウンドを意識的に取り入れ、大人びた落ち着きを感じさせる作風となった。孤独な心を赤裸々につづった"20-CRY-"、弱さをさらけ出した"People"など、マイナスの感情もありのままに描き、深みを増した歌を聴かせる。和とダンスミュージックを融合した"Time is Money"をはじめ、アレンジ面でも新たな試みが多く見受けられ、アーティストとしてネクストステージへ向かう意欲を感じさせる。同世代シンガーの清水翔太とコラボレーションした"Love Forever"も大きな話題を呼び、この後5年に渡りコラボ曲を生み続けるきっかけとなった。

スタッフメモ

16歳でデビューして以来、ティーンのリアルな感情を歌ってきた加藤ミリヤの20代最初のアルバム(通算4作目)。R&Bをベースに、アコースティックサウンドを意識的に取り入れ、大人びた落ち着きを感じさせる作風となった。孤独な心を赤裸々につづった"20-CRY-"、弱さをさらけ出した"People"など、マイナスの感情もありのままに描き、深みを増した歌を聴かせる。和とダンスミュージックを融合した"Time is Money"をはじめ、アレンジ面でも新たな試みが多く見受けられ、アーティストとしてネクストステージへ向かう意欲を感じさせる。同世代シンガーの清水翔太とコラボレーションした"Love Forever"も大きな話題を呼び、この後5年に渡りコラボ曲を生み続けるきっかけとなった。

タイトル 時間

加藤ミリヤ その他の作品

他のおすすめ