iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 坂本龍一「out of noise」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

out of noise

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

iTunes レビュー

イラク戦争のささくれだった空気感を内包した2004年の「CHASM」以来となるソロ・アルバム。その間、 Alva Noto こと Carsten Nicolai とのユニット、 Alva Noto & 坂本龍一や Christian Fennesz とのユニット、 Fennesz & Sakamoto での活動、はたまた Yellow Magic Orchestra の海外公演など、精力的な活動を展開。そこから得た成果と向き合いながら、本作ではクリエイティヴィティの趣くままに彼自身のピアノを基点とする美しいサウンドスケープを12曲に渡って広げている。過去5、6年に渡るフィールド・レコーディング音源をコラージュ的に配置。本人が北極圏三部作と呼ぶ8曲目の “disko” から10曲目の “glacier” までの3曲には2008年10月に北極圏で採録された音源がミックスされている。また、ゲストに Christian Fennesz と Cornelius こと小山田圭吾のギター、高田漣のペダル・スティール、ニューヨーク在住の若きヴァイオリニスト、 Rob Moose 、イギリスの弦楽団、 Fretwork らをフィーチャーする一方、コトリンゴ「Sweet Nest」収録の “to stanford” をインストゥルメンタルでカヴァー。アンビエントやエレクトロニカを通過した彼の創造世界はノイズ、非ノイズという枠を越えた先で未知なる音の響きを聴き手に提示している。

カスタマーレビュー

教授得意の時代の0.5歩先みたいな音

ここ最近の教授の作品を総括したような音。教授得意の時代の0.5歩先みたいな音。 例に寄って”知ってる人”からすれば保守的で、”知らない人”には難解/前衛的であろう作品。 昔は”知ってる人”が聞いても、それでも、なるほど、と思わせるものがあったんだけど、 これはさすがに、ちょっと安定しすぎてるんじゃないだろうか。 "out of〜"というタイトルとは裏腹に、むしろ”あんな感じ”みたいな形式的な音楽に聞こえてしまった。 いや、別に曲は無難にいいのだけれども・・・。

考えさせられます

難しい事はよく解らないけど、 曲を聴いて、その曲を理解しようと思うのではなく、 曲を聴いて、自分の内面や、生き方を顧みるような楽曲だな、と思いました。 派手さはないけれど、込められているメッセージ性はかなり強い。

microscopic blues

前作CHASMに比べると、今作out of noiseは「難しい」作品という捉えられ方になると思います。 しかし今作は、今までのどのアルバムと比べても(音楽図鑑やbeautyと比べても) blues的な、希望、祈りという肯定的明るさを持ち合わせていると同時に、popであると思いました。 hibariやto stanfordが人気のようですが、これから買う方には是非アルバムで購入して欲しいと思います。 でないと、もったいないです。

out of noise, 坂本龍一
iTunes で見る

カスタマー評価

このアーティストに影響を受けた作品/アーティスト

同世代のアーティスト