1曲、4分

タイトル 時間
4:45

評価とレビュー

4.9/5

21件の評価

21件の評価

いつ聴いても感動します。

marcomarimo

聴き始めからじんわりと心に火が灯るように広がります。本当に体感しますね。
ギターがとてもなめらかで、控えめに鳴るシンバルの音が仙台の街並みを思わせるようにキラキラしています。
カホンの音が全体を軽やかにしていて、数多くある楽曲に、このような聴きやすくする要素が必ず施されていると感じます。
こんなに数少ない楽器で、よくここまで仕上げられるものです。どうしたってクォリティが高いので、いつも脱帽しています。
中田さんの声は、聴く曲によって可愛らしかったり、上品だったりセクシーだったり、色々な表情を持ち合わせていて美しいです。

去年の冬に、一度だけ仙台へ伺う機会がありました。
夜に走行中の新幹線車内で、着くのはまだかと窓を眺めていたら、真っ暗闇の中にぽつぽつと光が見えてきて
次の瞬間、ブワーッと整備された街灯が宝石を散りばめたように広がって。あまりの綺麗さに、その景色に釘付けでした。
地上に出た時の、東京のじめじめとも違うすっきり気持ちの良い空気、駅前のアーケードに差し込む朝日も、
眩しさで紗がかかった、元城下町の厳かな情緒ある街並みも。「あの日のように歩きたいんだ」という歌詞で、その事を思い出しました。

ある小説家の方が、「歌手は天に一番近い職業」とおっしゃっていて。この人の優しく温かい真摯な歌声には、その言葉も心底うなずけます。

アルバム

ビデオ