9曲、43分

スタッフメモ

1976年にリリースされた通算5枚目のアルバム。カントリーロック指向の強かったバーニー・リードンからジョー・ウォルシュへギター奏者が代わり、より洗練されたロックバンドへ大きく歩み出した作品としても知られる。特にとあるホテルを舞台にしたオープニングのタイトル曲"Hotel California"は、アメリカンロックスタンダードとして、イントロの印象的なフレーズとアウトロのツインリードギターによる美しいアンサンブルは、ロック史に燦然と輝く名演。盟友J.D.サウザーが作曲に関わった"New Kid In Town"や"The Last Resort"など、商業主義化していくロックシーンの純粋性の喪失や堕落などの暗喩が歌詞の端々に込められ、読み解く楽しみや悲しみがカリフォルニアの地に幾重にも重ねられていることも、本作が広く愛された理由の一つだろう。

スタッフメモ

1976年にリリースされた通算5枚目のアルバム。カントリーロック指向の強かったバーニー・リードンからジョー・ウォルシュへギター奏者が代わり、より洗練されたロックバンドへ大きく歩み出した作品としても知られる。特にとあるホテルを舞台にしたオープニングのタイトル曲"Hotel California"は、アメリカンロックスタンダードとして、イントロの印象的なフレーズとアウトロのツインリードギターによる美しいアンサンブルは、ロック史に燦然と輝く名演。盟友J.D.サウザーが作曲に関わった"New Kid In Town"や"The Last Resort"など、商業主義化していくロックシーンの純粋性の喪失や堕落などの暗喩が歌詞の端々に込められ、読み解く楽しみや悲しみがカリフォルニアの地に幾重にも重ねられていることも、本作が広く愛された理由の一つだろう。

タイトル 時間

イーグルス その他の作品

他のおすすめ