14曲、54分

iTunesスタッフメモ

前作の「To Pimp A Butterfly」最大級の賛辞を集めたラッパーのケンドリック・ラマーが2017年に発表した4作目のアルバム。前作と比べるとシンプルなトラックが多く、朋友のSounwaveに加えて、TERRACE MARTIN、Mike Will Made-It、The InternetのSteve Lacy、The Alchemistといったプロデューサー、さらにU2、リアーナ、ジェイムス・ブレイク、BADBADNOTGOODといったビッグスターが参加しているものの、あくまでも緩急自在でタイトなケンドリック・ラマーのラップスキルの印象が強く残る。前作で時代のカルチャーアイコンになった彼が、改めてラッパーとしての圧倒的なまでの存在感を見せつけるかのような強力なラップアルバム。

ペアレンタルアドバイザリ:露骨な表現を含む歌詞

iTunesスタッフメモ

前作の「To Pimp A Butterfly」最大級の賛辞を集めたラッパーのケンドリック・ラマーが2017年に発表した4作目のアルバム。前作と比べるとシンプルなトラックが多く、朋友のSounwaveに加えて、TERRACE MARTIN、Mike Will Made-It、The InternetのSteve Lacy、The Alchemistといったプロデューサー、さらにU2、リアーナ、ジェイムス・ブレイク、BADBADNOTGOODといったビッグスターが参加しているものの、あくまでも緩急自在でタイトなケンドリック・ラマーのラップスキルの印象が強く残る。前作で時代のカルチャーアイコンになった彼が、改めてラッパーとしての圧倒的なまでの存在感を見せつけるかのような強力なラップアルバム。

ペアレンタルアドバイザリ:露骨な表現を含む歌詞
タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
40件の評価
40件の評価
Varnishi

The greatest album of the year!

Kendrick Lamar、衝撃のアルバム。
このアルバムを上回るものはこの一年出てくるのだろうか、楽しみで仕方ないほどのすごい完成度。
Mike Will Made Itのシンプルなのにしっくりくる技の聞いたビートの上で、魂のラップが舞うのは、聞いていて非常に気持ちがいいし、芸術性も高い作品になっていると感じた。

1991 What's Up?

名だけだ。好きでも嫌いでもない

和訳できる事を前提に我々は住む場所も生き様も異なる次元に在しているので、共感できる部位は限られる。
彼はただ、ライム、フロウに個性を目立たせただけ。
勿論才能もある事を前提に、深く彼らを知らない人達が、エミネムの様にケンドもただ、名前だけで過剰に評価されただけだ。
個人的に彼は好きでも嫌いでもないが、声は嫌いな方だ。個性がない。
USの評価を読めばわかるが、具体的な賞賛があまりされてない。

毒蜘蛛監督

コーヒー豆おまえdopeだぜ

イェー!コーヒーにっガッ!!

ケンドリック・ラマー その他の作品