7曲、20分

iTunesスタッフメモ

ザ・ピロウズの山中さわお、GLAY の JIRO、ストレイテナーのナカヤマシンペイから成る THE PREDATORS。となるとどんなスーパー・バンドかと期待してしまうが、音自体は三者それぞれが属するどのバンドよりも徹底的に軽やかでストレート、そして理屈抜きにポップ。そもそものこのバンドは、かねてから交流のあった山中と JIRO が言わば遊びの延長のような感覚でスタートさせたもので、最初の位置づけからして全員にとってのサイド・プロジェクトなのだ。2005年のこの1stアルバムには、ふたりがともに好きなニルヴァーナへの憧れと、カート・コバーンが愛し、カバーもしたアノラック・バンドのヴァセリンズに通じるポップな軽妙さがある。それだけにグランジ~ギター・ポップのカラーが見えるのはもちろんのこと、気がつけば "爆音ドロップ" のようにラモーンズ的な明快なパンク感も搭載。こうした微笑ましくなるほどの洋楽ロック・ファン意識こそがこの THE PREDATORS の醍醐味と言えよう。ピロウズでもおなじみの吉田仁がバンドとともに共同プロデュースした全7曲は、いい意味での気楽さがありながらも、スピーディーに駆け抜けていく聴き応えが素晴らしい。メンバーが真剣に楽しんでいる様子を、聴く側も純粋に楽しみたい。

iTunesスタッフメモ

ザ・ピロウズの山中さわお、GLAY の JIRO、ストレイテナーのナカヤマシンペイから成る THE PREDATORS。となるとどんなスーパー・バンドかと期待してしまうが、音自体は三者それぞれが属するどのバンドよりも徹底的に軽やかでストレート、そして理屈抜きにポップ。そもそものこのバンドは、かねてから交流のあった山中と JIRO が言わば遊びの延長のような感覚でスタートさせたもので、最初の位置づけからして全員にとってのサイド・プロジェクトなのだ。2005年のこの1stアルバムには、ふたりがともに好きなニルヴァーナへの憧れと、カート・コバーンが愛し、カバーもしたアノラック・バンドのヴァセリンズに通じるポップな軽妙さがある。それだけにグランジ~ギター・ポップのカラーが見えるのはもちろんのこと、気がつけば "爆音ドロップ" のようにラモーンズ的な明快なパンク感も搭載。こうした微笑ましくなるほどの洋楽ロック・ファン意識こそがこの THE PREDATORS の醍醐味と言えよう。ピロウズでもおなじみの吉田仁がバンドとともに共同プロデュースした全7曲は、いい意味での気楽さがありながらも、スピーディーに駆け抜けていく聴き応えが素晴らしい。メンバーが真剣に楽しんでいる様子を、聴く側も純粋に楽しみたい。

タイトル 時間
2:42
2:24
4:09
3:02
3:05
2:11
2:39

評価とレビュー

4.7/5

9件の評価

9件の評価

今更かいっ!

Kei.

ニルバーナ好きの3人というだけあって、曲調が似ているような?とりわけムスタング ヒッピーがニルバーナっぽい!完全に個人的趣向だが、Recall meのナカヤマシンペイのドラムにはやられまっせ!

待ってました!!

こいわいよつば

GLAYのJIRO、the pillowsの山中さわお、ストレイテナーのナカヤマシンペイからなる今世紀最高の3ピースバンド!!
本当にカッコイイの一言。JIROちゃんのステキすぎるベースプレイ!!さわおさんのハスキーかつ甘い声!!シンペイ君のアツいドラム!!
どこを取ってもすべてカッコイイ!!最新アルバム「牙をみせろ」も要チェックですよー☆★
ホンマに聞く価値アリアリ!!みなさんいっしょに聞きましょー!!ピース!!

これは新鮮

bigtemple

音はまんまニルヴァーナ。だけどそこに山中さわお(ex.The Pillows)の声とメロが絡むと、なんとも妙味な化学反応!
とっても面白いです。メンバーがJIRO(ex.GLAY)、ヤマナカシンペイ(ex.ストレイテナー)ってのも興味深いです。

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも購入しています