13曲、1時間51分

スタッフメモ

Beyoncéによる6枚目のアルバム。前作同様ヴィジュアルアルバムとしてもリリースされ、その無類の歌唱力、繊細なストーリーテリング、先鋭的なサウンドプロダクション、そしてコンセプチュアルでポリティカルな内容は、ポップ/R&Bのジャンルを改革し、世界を圧倒した。"Sandcastles"では相手の不倫による悲しみを唸るように歌い、"Sorry"や"Hold Up"ではその痛みに立ち向かい、女性としての強さを訴えるフェミニズムの真髄を魅せた。"Freedom"や今作ファーストシングルとなった"Formation"では、人種マイノリティーとしての誇りやアイデンティティを意識し、ポップミュージックでは稀なコンシャスで社会的なメッセージを躊躇なくむき出しに。その前衛的音楽の核となるのが、Beyoncé自身の圧倒的な歌声とパフォーマンス力。アッパーな曲では卓越したフロウのラップや表現豊かな美声を、そして嘆きのバラードでは時にかすれ、時には制御のない野太いヴォーカルを披露。今作を通して、Beyoncéが時代を象徴するアーティストとなったことが再確認できる。

ペアレンタルアドバイザリ:露骨な表現を含む歌詞 Mastered for iTunes

スタッフメモ

Beyoncéによる6枚目のアルバム。前作同様ヴィジュアルアルバムとしてもリリースされ、その無類の歌唱力、繊細なストーリーテリング、先鋭的なサウンドプロダクション、そしてコンセプチュアルでポリティカルな内容は、ポップ/R&Bのジャンルを改革し、世界を圧倒した。"Sandcastles"では相手の不倫による悲しみを唸るように歌い、"Sorry"や"Hold Up"ではその痛みに立ち向かい、女性としての強さを訴えるフェミニズムの真髄を魅せた。"Freedom"や今作ファーストシングルとなった"Formation"では、人種マイノリティーとしての誇りやアイデンティティを意識し、ポップミュージックでは稀なコンシャスで社会的なメッセージを躊躇なくむき出しに。その前衛的音楽の核となるのが、Beyoncé自身の圧倒的な歌声とパフォーマンス力。アッパーな曲では卓越したフロウのラップや表現豊かな美声を、そして嘆きのバラードでは時にかすれ、時には制御のない野太いヴォーカルを披露。今作を通して、Beyoncéが時代を象徴するアーティストとなったことが再確認できる。

ペアレンタルアドバイザリ:露骨な表現を含む歌詞 Mastered for iTunes
タイトル 時間
13

評価とレビュー

4.7/5
80件の評価
80件の評価
F.mbs

Queen B

またまたサプライズ....前作に引き続き最高。1曲目からやられます。
TIDAL独占じゃなくて良かった。円盤も出して欲しいです。

てすとすてろん

音楽として完璧

様々なジャンルを吸収して突き詰めていった結果だと思います。

ビヨンセという人物は確かにポップスターであることは間違いないですが、「明るく楽しいメジャーな印象の楽曲がポップス」だというフィルターをかけると、このアルバムはポップスではありません。

コンテンポラリーミュージックの芸術です、完璧。ただ、ビヨンセのラジオソングファンとしては少し寂しいような印象もありますけどね(笑)。完全に別次元です。

tomarsley

Flawless

完璧。
だけどやっぱり日本ストア高い。

Beyoncé その他の作品