11曲、43分

iTunesスタッフメモ

重心の低いサイケなグルーヴが渦巻く "THE WALL" で幕を開ける3作目のアルバム。"BIZARRE CARNIVAL" はビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を思わせる幻想的なアレンジで、"The Trip" ではザ·バーズのように東洋的なエッセンスを加えたサウンドを展開。これまで同様、クラシックロックに深い愛情を示しながら、本作では60年代のサイケデリックロックの影響を色濃く打ち出すことで、艶めきと奥深さを増した音を鳴らしている。

Mastered for iTunes

iTunesスタッフメモ

重心の低いサイケなグルーヴが渦巻く "THE WALL" で幕を開ける3作目のアルバム。"BIZARRE CARNIVAL" はビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を思わせる幻想的なアレンジで、"The Trip" ではザ·バーズのように東洋的なエッセンスを加えたサウンドを展開。これまで同様、クラシックロックに深い愛情を示しながら、本作では60年代のサイケデリックロックの影響を色濃く打ち出すことで、艶めきと奥深さを増した音を鳴らしている。

Mastered for iTunes
タイトル 時間
4:12
2:43
3:46
3:48
4:36
3:40
4:26
4:10
4:54
2:54
4:03

カスタマーレビュー

4.8/5

24件の評価

24件の評価

どんどん洗練されていく

緑色のみかん

“奇妙なカーニバル”というタイトルを冠した3rdフルアルバム。
その名に相応しいサイケデリックなサウンドと、前作よりも心無しか優しく響くように聞こえる松尾レミさんのボーカル……
作品を出す度にその精度を上げているのがとても伝わってきます!
今回は文句無しの最高傑作ですが、次作では更にそれを上回ってくるのでしょうか……。そんな期待さえ感じさせる一枚です。

ハスキーなユーミン嬢

Koji=PXE

やるねーそこの若い姉ちゃん。
マジでジャニスかばーしてほしいなぁ。
次はシンセ入れて変化球を投げては?パットベネターはかっこいい。
それからアラナマイルズも参考になるよ。
おじちゃんより(^^♪

珠玉の幻想に我を忘れて。

Lady Jane Blues

土曜日の夜、
自身の「ホワイト・ルーム」で此のアルバムを聞いて居たら、
揺ら揺らと「オーラなオーロラの帷」か降りて来た。
此れは幻覚か幻影か、幻想なのか。
それともローマ神話に在る「暁の女神」の仕業なのか。
何処からか傍らで誰かが囁いた。
「私はエレクトリック・レディ・ランドから来た詩人」。
「私はオーロラの帷を震わせ奏でるエレクトリック詩人」。
「今宵ひと時、貴方を自由と解放へと誘ないます。
私のエレクトリックな詩の残像は貴方の脳裡で永劫に記憶されるでしょう」。

不図、其の幻想から覚めると空は橙色の暁。
「Glim Spanky:Bizarre Carnival」は幾度となく連続再生をして居た様だ。

Yeah!Amazing.
Thank you!Glim Spanky.
Thank you!珠玉の幻想を。

アルバム

ビデオ