10曲、42分

iTunesスタッフメモ

高橋幸宏と鈴木慶一によるユニットの通算5作目は、サイケな曲調から管弦楽器を使ったレイドバックしたサウンドまで、多彩な表情を持つ意欲作。1987年のセカンドアルバム「EXITENTIALIST A GO GO - ビートで行こう」を思わせるタイトルが示唆するとおり、「怒り」の感情や「出口」への渇望といった自分たちの原点に立ち戻る内容。小山田圭吾やLEO今井らゲストも多彩で、ニール・ヤングのカバーも収録。全く衰えぬ圧倒的な創作力が際立つ。

iTunesスタッフメモ

高橋幸宏と鈴木慶一によるユニットの通算5作目は、サイケな曲調から管弦楽器を使ったレイドバックしたサウンドまで、多彩な表情を持つ意欲作。1987年のセカンドアルバム「EXITENTIALIST A GO GO - ビートで行こう」を思わせるタイトルが示唆するとおり、「怒り」の感情や「出口」への渇望といった自分たちの原点に立ち戻る内容。小山田圭吾やLEO今井らゲストも多彩で、ニール・ヤングのカバーも収録。全く衰えぬ圧倒的な創作力が際立つ。

タイトル 時間
2:22
3:14
6:19
3:36
3:46
3:59
4:44
4:43
3:41
6:13

THE BEATNIKS その他の作品

アルバム