10曲、33分

スタッフメモ

2016年に日本ではリリース前だったKanye Westのアルバム「The Life of Pablo」を妄想して作り上げた作品が全世界の音楽メディアで高評価を得た京都在住のビートメーカー/プロデューサー、TOYOMU。デビューEP「ZEKKEI」から約2年越しで登場したファーストアルバムとなる本作は、京都のわらべ唄をサンプリングした先行シングル"MABOROSHI"をはじめとする10曲を収録。ヒップホップをベースに、LAのビートシーンに大いに触発された彼が、オリエンタリズムや無邪気に音と戯れる遊び心をエレクトロポップに投影した、不可思議でどこまでも愛らしい作品。

スタッフメモ

2016年に日本ではリリース前だったKanye Westのアルバム「The Life of Pablo」を妄想して作り上げた作品が全世界の音楽メディアで高評価を得た京都在住のビートメーカー/プロデューサー、TOYOMU。デビューEP「ZEKKEI」から約2年越しで登場したファーストアルバムとなる本作は、京都のわらべ唄をサンプリングした先行シングル"MABOROSHI"をはじめとする10曲を収録。ヒップホップをベースに、LAのビートシーンに大いに触発された彼が、オリエンタリズムや無邪気に音と戯れる遊び心をエレクトロポップに投影した、不可思議でどこまでも愛らしい作品。

タイトル 時間