13曲、52分

スタッフメモ

"宇宙で生まれ育ち、まだ地球に降り立ったことのない30年後の17歳"がボーカルであるという設定と、アナログ盤でリリースされたデビューシングル「Heavenly Star」が世界中のクラブでヘビー・プレイされたというニュースが大きな話題を呼んだコンセプチュアル・バンド、元気ロケッツ。国内のみならず世界的なブレイクから1年を経てリリースされた待望の1stアルバムが本作「元気ロケッツ I -Heavenly Star-」だ。前述の"Heavenly Star"や"Breeze"といったシングル曲を筆頭に、アッパーなビートと清涼感のあるアレンジ、センチメンタルなメロディが組合わさった楽曲が詰め込まれた1枚だ。そんな中、唯一の非ダンス・トラックであり、日本語詞にも挑戦しているストレートなピアノ・バラード"Never Ever"は白眉の出来。アルバムのハイライトとも言える感動を呼ぶ美しい楽曲に仕上がっている。見事なまでにツボをおさえたプロダクションとアルバム構成に舌を巻かずにいられないウェルメイドな作品。

スタッフメモ

"宇宙で生まれ育ち、まだ地球に降り立ったことのない30年後の17歳"がボーカルであるという設定と、アナログ盤でリリースされたデビューシングル「Heavenly Star」が世界中のクラブでヘビー・プレイされたというニュースが大きな話題を呼んだコンセプチュアル・バンド、元気ロケッツ。国内のみならず世界的なブレイクから1年を経てリリースされた待望の1stアルバムが本作「元気ロケッツ I -Heavenly Star-」だ。前述の"Heavenly Star"や"Breeze"といったシングル曲を筆頭に、アッパーなビートと清涼感のあるアレンジ、センチメンタルなメロディが組合わさった楽曲が詰め込まれた1枚だ。そんな中、唯一の非ダンス・トラックであり、日本語詞にも挑戦しているストレートなピアノ・バラード"Never Ever"は白眉の出来。アルバムのハイライトとも言える感動を呼ぶ美しい楽曲に仕上がっている。見事なまでにツボをおさえたプロダクションとアルバム構成に舌を巻かずにいられないウェルメイドな作品。

タイトル 時間

元気ロケッツ その他の作品

他のおすすめ