14曲、45分

iTunesスタッフメモ

1993年に K-Dub Shine と DJ Oasis との3人組ユニット、キング・ギドラとしてアルバム「空からの力」という破壊力抜群の大型爆弾を投下し、一躍、日本のヒップホップ・シーンを代表するラッパーとしての地位を揺るぎないものにした Zeebra が、キング・ギドラの活動停止後の1998年にリリースした1stソロ・アルバム。初のソロ作として先行リリースされていたシングルの "真っ昼間" をはじめとして、パーティ・チューンの "Parteechecka (Bright Light Mix)"、定番のボイス・サンプルを効果的に活かして自らのスキルを誇示する "I'm Still No. 1"、Akeem Da Managoo をフィーチャーした "未来への鍵" など、キング・ギドラでシーンに見せつけた確かなスキルは維持しつつ、いい意味でよりわかりやすく、より外向きの強いベクトルを感じさせるタイトなラップを披露し、アンダーグラウンド色の濃かったキング・ギドラ以上にシンプルでパワフルなソロ・アーティストとしての Zeebra 像を強烈に印象付けた。アルバム全体を通して隙のない、初期のキャリアを代表する1作だ。

iTunesスタッフメモ

1993年に K-Dub Shine と DJ Oasis との3人組ユニット、キング・ギドラとしてアルバム「空からの力」という破壊力抜群の大型爆弾を投下し、一躍、日本のヒップホップ・シーンを代表するラッパーとしての地位を揺るぎないものにした Zeebra が、キング・ギドラの活動停止後の1998年にリリースした1stソロ・アルバム。初のソロ作として先行リリースされていたシングルの "真っ昼間" をはじめとして、パーティ・チューンの "Parteechecka (Bright Light Mix)"、定番のボイス・サンプルを効果的に活かして自らのスキルを誇示する "I'm Still No. 1"、Akeem Da Managoo をフィーチャーした "未来への鍵" など、キング・ギドラでシーンに見せつけた確かなスキルは維持しつつ、いい意味でよりわかりやすく、より外向きの強いベクトルを感じさせるタイトなラップを披露し、アンダーグラウンド色の濃かったキング・ギドラ以上にシンプルでパワフルなソロ・アーティストとしての Zeebra 像を強烈に印象付けた。アルバム全体を通して隙のない、初期のキャリアを代表する1作だ。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
20件の評価
20件の評価

高校ん時を思い出す

ジョン新次郎

この頃のZEEBRA大好きでした。

ヤバイ!

ピツジくん

ジブさんカッコよすぎでしょ!

鼻息洗い荒いシマウマ

1240makuw

この時代のヒデさんマジでしぶかった。

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも購入しています