24曲

iTunes スタッフメモ

古くは A Tribe Called Quest のプロダクション・チームとして知られる the Ummah のメンバーとして、後に Slum Village のメンバー、そしてソロの DJ / プロデューサーとしてヒップホップの音楽的な発展に大きく貢献しながら、2006年に惜しまれながら他界したヒップホップ・シーンを代表するプロデューサー / ビート・メイカーの J Dilla。本作は、2003年に自身が設立したインディー・レーベルからリリースしたバイナルのEPをベースに、J Dilla の死後に未発表音源を追加して Stones Throw からリリースされたアルバム。もともと自身のレーベルからリリースされたからか、よりラフで実験的な印象のトラックが多いのが特徴だ。自身もかかわった A Tribe Called Quest や Common のクラシックからのフレーズやサンプリングが飛び出すあたりは古いファンも思わずニヤリとしてしまうポイント。10曲分収録されているインストゥルメンタル・バージョンも含めて、独創的なサウンド・プロダクションで成熟したヒップホップ・サウンドを聴かせていた時期の J Dilla のビートが堪能できる。

iTunes スタッフメモ

古くは A Tribe Called Quest のプロダクション・チームとして知られる the Ummah のメンバーとして、後に Slum Village のメンバー、そしてソロの DJ / プロデューサーとしてヒップホップの音楽的な発展に大きく貢献しながら、2006年に惜しまれながら他界したヒップホップ・シーンを代表するプロデューサー / ビート・メイカーの J Dilla。本作は、2003年に自身が設立したインディー・レーベルからリリースしたバイナルのEPをベースに、J Dilla の死後に未発表音源を追加して Stones Throw からリリースされたアルバム。もともと自身のレーベルからリリースされたからか、よりラフで実験的な印象のトラックが多いのが特徴だ。自身もかかわった A Tribe Called Quest や Common のクラシックからのフレーズやサンプリングが飛び出すあたりは古いファンも思わずニヤリとしてしまうポイント。10曲分収録されているインストゥルメンタル・バージョンも含めて、独創的なサウンド・プロダクションで成熟したヒップホップ・サウンドを聴かせていた時期の J Dilla のビートが堪能できる。

タイトル 時間
0:17
2:10
2:41
2:33
2:43
0:49
2:25
0:45
3:43
0:51
0:48
2:19
4:25
1:47
2:06
2:41
2:33
2:45
2:24
3:41
0:46
2:21
4:26
1:47

J Dillaのトップソング

J Dillaのトップアルバム

J Dillaのトップミュージックビデオ

リスナーはこちらも再生しています