36曲、2時間22分

スタッフメモ

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの無伴奏チェロ組曲は、チェロだけではなく異なる楽器によっても多く演奏されてきた。ヴィオラ奏者のキム・カシュカシャンは、長い間バッハを取り上げてきたこともあり、魅力あるこの作品を深く掘り下げ、充実した演奏を展開する。舞曲の楽章では、春の日のような甘さにあふれ、ゆったりとしたサラバンドでは荘重さが強調されるなど、ときおり厳粛さに包まれた雰囲気を出したり、チェロにはない明るさを感じさせたりするヴィオラの音色に魅了されるだろう。録音も秀逸で、カシュカシャンから放たれる美しく温かい音楽性を手に取るように伝えてくれる。

スタッフメモ

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの無伴奏チェロ組曲は、チェロだけではなく異なる楽器によっても多く演奏されてきた。ヴィオラ奏者のキム・カシュカシャンは、長い間バッハを取り上げてきたこともあり、魅力あるこの作品を深く掘り下げ、充実した演奏を展開する。舞曲の楽章では、春の日のような甘さにあふれ、ゆったりとしたサラバンドでは荘重さが強調されるなど、ときおり厳粛さに包まれた雰囲気を出したり、チェロにはない明るさを感じさせたりするヴィオラの音色に魅了されるだろう。録音も秀逸で、カシュカシャンから放たれる美しく温かい音楽性を手に取るように伝えてくれる。

タイトル 時間

キム・カシュカシャン その他の作品