6曲、31分

iTunesスタッフメモ

1960年代にインパルス!レコードがジョン・コルトレーンの名を広めようと、ジョニー・ハートマンとのコラボレーションを実現。感情的なレスポンスを誘うハートマンの深いバリトンがコルトレーンのテナーサックスの音色と素晴らしくマッチする、このアルバムのハイライトとして必ず挙げられるのは、Billy Strayhornの"Lush Life"だ。20世紀を代表する名曲を、コルトレーンとハートマンが絶妙なタッチで演奏する印象的なトラックとなっている。さらに"They Say It's Wonderful"や"My One and Only Love"では、独自のフィーリングで曲をアレンジし、実力を見せつけている。フランク・シナトラの豪華なオーケストラバージョンよりもシンプルでクールなアレンジで、そのスタイルと表現力は決してオリジナルに引けを取らないと言えよう。

iTunesスタッフメモ

1960年代にインパルス!レコードがジョン・コルトレーンの名を広めようと、ジョニー・ハートマンとのコラボレーションを実現。感情的なレスポンスを誘うハートマンの深いバリトンがコルトレーンのテナーサックスの音色と素晴らしくマッチする、このアルバムのハイライトとして必ず挙げられるのは、Billy Strayhornの"Lush Life"だ。20世紀を代表する名曲を、コルトレーンとハートマンが絶妙なタッチで演奏する印象的なトラックとなっている。さらに"They Say It's Wonderful"や"My One and Only Love"では、独自のフィーリングで曲をアレンジし、実力を見せつけている。フランク・シナトラの豪華なオーケストラバージョンよりもシンプルでクールなアレンジで、そのスタイルと表現力は決してオリジナルに引けを取らないと言えよう。

タイトル 時間

ジョニー・ハートマン & ジョン・コルトレーン その他の作品

出身地
Chicago, IL
ジャンル
ジャズ
生年月日
1923年7月3日

アルバム

リスナーはこちらも再生しています