iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 エリック・ドルフィー「Last Date」をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

音楽をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。


Allegedly Eric Dolphy's final recorded performance — a fact historians roundly dispute — this session in Hilversum, Holland, teams the masterful bass clarinetist, flutist, and alto saxophonist with a Dutch trio of performers who understand the ways in which their hero and leader modified music in such a unique, passionate, and purposeful way far from convention. In pianist Misha Mengelberg, bassist Jacques Schols, and drummer Han Bennink, Dolphy was firmly entwined with a group who understood his off-kilter, pretzel logic concept in shaping melodies and harmonies that were prime extensions of Thelonious Monk, Ornette Coleman, and Cecil Taylor. These three Dolphy originals, one from Monk, one from Mengelberg, and a standard are played so convincingly and with the utmost courage that they created a final stand in the development of how the woodwindist conceived of jazz like no one else before, during, or after his life. Utterly masterful on his flute during "You Don't Know What Love Is," Dolphy's high-drama vibrato tones are simply out of this or any other world, perfectly emoting the bittersweet intent of this song. The ribald humor demonstrated during "Miss Ann" is a signature sound of Dolphy's alto sax, angular like Monk, jovial and more out of the box while he digs in. Where "Epistrophy" might seem standard fare to some, with Dolphy on bass clarinet it is based on voicings even more obtuse than the composer's concept, bouncing along the wings of Mengelberg's piano lines. The post-bop blues of "South Street Exit" is tuneful while also breaking off into tangents, with Bennink's crazy drumming acting like shooting, exploding stars. As the definitive track on this album, "The Madrig Speaks, the Panther Walks" demonstrates the inside-out concept, with mixed tempos changed at will and a 6/8 time insert with Dolphy's choppy alto merging into playful segments as the title suggests — a most delightful track. The ridiculously titled "Hypochristmutreefuzz" might be the most understated fare in its more simple angularity, as Schols plays his bass in the upper register while the band dances around him. Last Date is one of those legendary albums whose reputation grows with every passing year, and deservedly so. While it reveals more about the genius rhythm section than Dolphy himself, it also marks the passing of one era and the beginning of what has become a most potent and enduring legacy of European creative improvised tradition, started by Mengelberg and Bennink at this mid-'60s juncture. ~ Michael G. Nastos, Rovi



パーカーを尊敬しているのにパーカーフレイズを吹かないドルフィー。 アルト・サックスのプレイよりもフルートとバスクラ(バス・クラリネット)のプレイは他のプレイヤーの追随を許さない、とても美しいメロディーを演奏する。このアルバムでの5曲目”You Don't Know What Love Is"でのフルートのプレイは何度聞いても涙が出るほど美しいと思う。




 1964年6月2日、オランダでの録音です。メンバーはアルトサックス、バスクラリネット、フルートがEric Dolphy, ピアノがMisha Mengelberg, ベースがJacques Schols, ドラムスがHan Bnnink です。  1曲目は”Epistrophy”です。セロニアス・モンク作曲のこの曲は多くのミュージシャンによって演奏されています。独特の雰囲気をもった曲ですが、ここでの演奏はこの曲の最もすぐれた演奏の1つではないでしょうか。バスクラリネットの音色が曲の雰囲気によくあっていると思います。バックのピアノのMisha Mengelberg の演奏の仕方はなんだかセロニアス・モンクそっくりです。よくEric Dolphy とセロニアス・モンクが共演したらすばらしい演奏になるのではないかと言われたそうです。しかしその機会はついにありませんでした。それはたいへん残念なことですが、しかしここでの演奏を聞いていると2人の共演はおそらくこんな感じになったのではないかと想像させるのに十分な印象を与えてくれます。Misha Mengelberg のここでの演奏は意識的にそうなったのか、それとももともとモンク風の演奏が持ち味だったのか私は知りません。でもとても味わいのある深みのあるいい演奏になっていると思います。大袈裟な言い方になりますが、この曲はここでの演奏のために作曲されたのではないかと思えるくらいです。ベースとドラムスがコツコツとリズムを刻んでいる中でEric Dolphy のバスクラリネットが自由奔放な演奏に終始しているのが対照的です。Misha Mengelberg のピアノは両者の間にあって仲をとりもっているような感じです。  2曲目は”South Street Exit”です。Eric Dolphy のフルートをフューチャーした演奏です。  3曲目は”The Madrig Speaks, the Panther Walks”です。Eric Dolphy のアルトサックスをフューチャーした演奏です。同じようなフレーズのアドリブであっても、バスクラリネットとアルトサックスとでは印象がだいぶ違ってきます。音程が高いぶん、より生々しく聞こえます。  4曲目は”Hypochristmutreefuzz”です。とても長い曲名です。Eric Dolphy はバスクラリネットで演奏しています。  5曲目は”You Don’t Know What Love Is”です。Eric Dolphy のフルートでテーマが演奏されます。Jacques Schols, は弓びきでベースを演奏します。アドリブに入るとピアノとベースもバックに加わります。Han Bnnink のブラシを使ったドラムスやMisha Mengelberg の気の利いたバッキングもさることながら、ここでは何と言ってもJacques Schols, のベースが光っています。スタンダードナンバーですが、ここでの演奏もこの曲のもっともすぐれた演奏の一つだと言えると思います。緊張感溢れる演奏です。  6曲目は”Miss Ann”です。雰囲気が変わってアルトサックスによるのびのびとした演奏です。  最後にEric Dolphy の肉声でメッセージが録音されています。「この音楽(演奏)を聞いても、それが終わってしまえば、空気中に消えてしまい二度ととらえることはできない。」といったような意味でしょうか。昔、あるラジオ番組でこの曲を放送した時、司会者の1人が「だから、レコードがあるんですよね!」と言ったことがありました。でもそれは少し違うような気がします。「レコード(今ではCDですが・・・)に記録されたとしても、それは時間の流れからいうとその瞬間における単なる断面でしかなくて、移り行き、変化し、発展する生きた音楽の全体をとらえたことにはならないよ。」という意味ではないかと思っています。つまりCTスキャンのように人体を輪切りにしてもそれだけでは全体を表してはいません。常に前向きに演奏し続けることに意味があるということではないでしょうか。それが即興演奏の醍醐味でもあります。その時に出した音はその時で終わってしまいます。常に演奏し続け新しい音をさらに発し続けることに意味があるのではないかと思います。   これらの気迫のこもった演奏はすばらしいものばかりです。5つ星に相当すると思います。


誕生: 1928年6月20日 Los Angeles, CA

ジャンル: ジャズ

活動期間: '50s, '60s

Eric Dolphy was a true original with his own distinctive styles on alto, flute, and bass clarinet. His music fell into the "avant-garde" category yet he did not discard chordal improvisation altogether (although the relationship of his notes to the chords was often pretty abstract). While most of the other "free jazz" players sounded very serious in their playing, Dolphy's solos often came across as ecstatic and exuberant. His improvisations utilized very wide intervals, a variety of nonmusical speechlike...