13曲、55分

iTunesスタッフメモ

夜をテーマにした2作のアルバムを経て発表した、"夜明け"を意味するタイトルの3作目。デビュー当時からタッグを組んできたプロダクションチーム、agehaspringsのメンバーが参加し、Aimer自身もaimerrythm名義で9曲の作詞を担当した。ライブ中に声が出なくなった体験に基づいて歌詞を書いた"Brave Shine"など、不安や絶望の中から光に手を伸ばす強さを表した楽曲を通して、アーティストとしての変化と進化を告げている。青葉市子が作詞、菅野よう子が作曲とアレンジを手掛けた"誰か、海を。"は、寓話的な世界観や幽玄なサウンドとAimerの神秘的な歌声がハイレベルで融合し、新境地を切り開く一曲となった。

iTunesスタッフメモ

夜をテーマにした2作のアルバムを経て発表した、"夜明け"を意味するタイトルの3作目。デビュー当時からタッグを組んできたプロダクションチーム、agehaspringsのメンバーが参加し、Aimer自身もaimerrythm名義で9曲の作詞を担当した。ライブ中に声が出なくなった体験に基づいて歌詞を書いた"Brave Shine"など、不安や絶望の中から光に手を伸ばす強さを表した楽曲を通して、アーティストとしての変化と進化を告げている。青葉市子が作詞、菅野よう子が作曲とアレンジを手掛けた"誰か、海を。"は、寓話的な世界観や幽玄なサウンドとAimerの神秘的な歌声がハイレベルで融合し、新境地を切り開く一曲となった。

タイトル 時間
1
13

Aimer その他の作品

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています