11曲、39分

iTunesスタッフメモ

ニューアルバム「Lazaretto」に収録されているハードロック・ナンバー “Three Women” は、ジャック・ホワイトが得意とするブルージーなガレージロック・リフをフィーチャした注目のオープニングトラック。複数の女性を追い求める男をテーマにしたこの曲は、馴染みのテーマをフレッシュに現代的なアプローチで歌い上げている。また、タイトルトラック “Lazaretto” では、ヘヴィなベースラインに乗せた8ビットのデジタルノイズと、アパラチアン・フィドルのソロを合わせた斬新なコンビネーションが印象に残る。ニューアルバムのハイライトとなる、ハードロックの強烈なリフをフィーチャーした “Alone in My Home” と “Just One Drink” 以外のアルバム収録曲はいずれもハイエナジーなブルースをベースにしながら、カントリー風にアレンジされた爽快な “Temporary Ground” や “Entitlement”、ウェスタン映画の主題歌を彷彿とさせる “Would You Fight for My Love?” や “I Think I Found the Culprit” など、バラエティに富んだ内容に仕上がっている。

iTunesスタッフメモ

ニューアルバム「Lazaretto」に収録されているハードロック・ナンバー “Three Women” は、ジャック・ホワイトが得意とするブルージーなガレージロック・リフをフィーチャした注目のオープニングトラック。複数の女性を追い求める男をテーマにしたこの曲は、馴染みのテーマをフレッシュに現代的なアプローチで歌い上げている。また、タイトルトラック “Lazaretto” では、ヘヴィなベースラインに乗せた8ビットのデジタルノイズと、アパラチアン・フィドルのソロを合わせた斬新なコンビネーションが印象に残る。ニューアルバムのハイライトとなる、ハードロックの強烈なリフをフィーチャーした “Alone in My Home” と “Just One Drink” 以外のアルバム収録曲はいずれもハイエナジーなブルースをベースにしながら、カントリー風にアレンジされた爽快な “Temporary Ground” や “Entitlement”、ウェスタン映画の主題歌を彷彿とさせる “Would You Fight for My Love?” や “I Think I Found the Culprit” など、バラエティに富んだ内容に仕上がっている。

タイトル 時間

アルバム

ビデオ

リスナーはこちらも再生しています